デンソーウェーブは5月25日、長方形型のQRコード「rMQRコード」を開発したと発表した。従来の正方形タイプよりも細長く、狭いスペースにも印字できる。

QRコードは高速な読み取り速度とデータ容量を備え、パブリックドメインとして世界中で活用されている技術。今回発表されたrMQRコードは細長い点が特徴で、QRコードでは対応できなかった細長く狭いスペースへの印字に対応。高さ寸法が制限された小さなスペースでの情報管理や、デザイン性向上に寄与するという。

データ容量は数字で361文字、英数字で219文字、漢字で92文字まで格納可能。国際規格(ISO)を取得し、自由に安心して使えるとしている。

各QRコード規格における仕様(表はデンソーウェーブ公式サイトから抜粋)