12歳少女の下着を脱がせメジャーで測るなどした疑い

「過去10年間に、大小様々なプロダクションや芸能事務所のマネジメント契約書をチェックし、法的観点から問題がないか見てきましたが、こんなにひどい内容の『覚書』を目にしたのは初めてです。密室で強制わいせつを行うことが可能になるような文言が堂々と記載されているのですから……」

【写真】この記事の写真を見る(9枚)

 驚きを隠さず、こう語るのは、芸能界のマネジメント契約について詳しい仲江武史弁護士だ。仲江氏が「こんなにひどい内容は初めてだ」と呆れるのは、「文春オンライン」特集班が独占入手した芸能事務所「エモーショナルファクト」(東京都)の内部資料。未成年のアイドル志望の女性との専属契約を結ぶ際に、「契約書」と同時に署名捺印させていた「採寸に関する覚書」である。 


©istock

 そして、このエモーショナルファクトでは、所属タレントへの強制わいせつ事件が発生し、今月、関係者が逮捕されているのである。その被害者のAさんもこの「覚書」を交わしていたというのだ。

 2月2日に強制わいせつ容疑で警視庁に逮捕されたのは、芸能事務所社長のX氏だ(その後、示談成立で不起訴。詳しくは「《アイドル志望12歳少女は言われるがまま裸に》強制わいせつ逮捕・芸能プロ社長(46)の卑劣な手口」を参照)

 全国紙社会部記者が語る。

「X氏は昨年5月2日午後、東京都品川区の写真スタジオで『デビュー時に使う衣装の採寸をするため』と説明し、エモーショナルファクト所属のタレント・Aさん(当時12歳)の下着を脱がせてメジャーで測るなどした疑いで逮捕されました。Aさんの保護者が署に被害を相談して事件が発覚。Aさんは昨年4月にエモーショナルファクトと契約したばかりでしたが、X氏の会社は同社と業務提携の関係にあった。同件はX氏と被害者の間に示談が成立し、先日不起訴となっています」

タレントから「会長」と呼ばれていたX氏

 エモーショナルファクトの関係者が明かす。

「エモーショナルファクトに在籍しているタレントたちはX氏を『会長』と呼んでいました。X氏はイベントや撮影などの現場にも顔を出していました。Aさんとの契約の際にもX氏が立ち会っています。

 エモーショナルファクトはX氏の事務所の元役員Y氏が代表取締役社長。未成年のアイドル志望の女の子数名と契約しています。13〜25歳の女性を対象に『ガールズアイドル募集』も行っていました。ただ、Y氏が代表というのは名ばかりで、実質的な権力はX氏が握っているんです。X氏はタレントたちに本名は名乗らず『三浦健二』と名乗っていました」

わいせつ行為を「事件化させない」意図

 そしてAさんがエモーショナルファクトと結んだのが、問題の「採寸に関する覚書」である。

 絶対匿名を条件に前出の関係者とは別の事務所関係者B氏が明かす。

「実は、エモーショナルファクトがタレントと契約する際には、7ページほどの専属マネジメント契約書とは別に、特別に『採寸』に関して定めた『覚書』に署名捺印させているのです。それがこの『採寸に関する覚書』です。その内容はあたかも先日のX氏の事件を正当化するようなものでした。

 つまり、タレントに密室で採寸と称して裸にさせ、直接触ったり、写真を撮っても、強制わいせつやセクハラにあたらない、後々、事件になったりしないようにしようという意図に溢れている覚書なのです」

採寸を理由に「脱衣」や「身体接触」を認めさせる文言

 この「覚書」を検証するとその内容の「卑劣さ」が浮かびあがってくる。以下は同覚書の抜粋だ。

《採寸に関する覚書

 株式会社エモーショナルファクト(以下「甲」という)と____(以下「乙」という)は、乙の全身または体の一部等の採寸および採寸時の撮影にあたり、以下のとおり合意したので、採寸に関する覚書(以下「本覚書」という)を締結します。

 

第1条(採寸撮影合意)

 乙は、甲の営業及び乙自身の衣装製作等に利用する目的で、甲及び甲が提携する業者等(以下「甲の担当者」)が乙の全身または体の一部等の採寸をすることにつき合意します。また、甲が採寸補助資料の作成のために採寸実施時に必要最低限の写真撮影を行う場合があることにつき、予め合意します。(採寸と撮影をまとめ、以下「採寸等」という)

 

第2条(採寸実施条件)

 乙甲は、採寸等実施につき、以下同意します。

1.    採寸等の実施は事前予告なく、甲の指示の下、急遽実施される場合があること

 

2.    本件採寸実施にあたり、甲の担当者が衣類および身体等に接触すること

 

3.    甲は、採寸等実施が第三者の目に触れぬよう、十分に配慮された場所で行うこと

 

4.    乙の脱衣を伴う場合があること

 

5.    乙に関する採寸等を実施した結果得られた情報(以下「採寸データ」という)は甲の責任において管理すること

(中略)

 以上合意したことを証するため、以下甲乙記名押印します。》(※太字は編集部による)

「こんな覚書などありえない」と憤りを露わにするのは、未成年のジュニアアイドルのマネジメントを手掛ける別の芸能プロダクションの社長だ。

「タレントの採寸を事務所の『担当者』が行うという覚書など今まで見たことも聞いたこともありません。もちろんタレントの衣装の作成の際に、採寸はどうしても必要になるものですが、基本的には本人や親御さんにお願いするものです。親御さんから未成年の子供を預かっている立場として、体に触れること自体がトラブルの元にもなりますから」

「極めて精緻に準備された悪質な覚書」

 前出・仲江弁護士が続ける。

「覚書の第2条において、採寸を『事前予告なく』『急遽』行うこと、『身体等に接触すること』『脱衣を伴う場合』を明示している点が悪質ですね。もし、この担当者がタレントを全裸にし、採寸と称して体を触った場合でも『覚書の通りだ』と訴えることで、自らの強制わいせつの罪を正当化できるようにしようという意図が強く推認されます。第2条第3号の『採寸等実施が第三者の目に触れぬよう、十分に配慮された場所で行うこと』という規定は、女子への配慮を装い、密室での犯行を可能にするための文言である可能性もあり、極めて精緻に計画・準備された悪質な覚書であると思われます。

 ただ、仮にこのような覚書を事務所とタレントの間で結んでおり、13歳未満のタレントが『採寸で体を触る』ことや『裸になる』ことを同意していたとしても、もし、そのような行為を『担当者』が行った場合は、暴行・脅迫がなかった場合でも、強制わいせつ罪になります。つまり、覚書にサインをしていたか否かを問わず、加害者の行為が客観的に見て“わいせつ行為”であれば、強制わいせつ罪が成立します。

 しかし、13歳以上のタレントについては、暴行・脅迫を用いなければ強制わいせつ罪が成立しないため、詳しい法律知識のないまま覚書にサインをさせることにより、加害者が暴行・脅迫を用いるまでもなく、わいせつ行為を甘受せざるを得ない状況に追い込まれることが懸念されます。

 また、倫理的にいってもこの覚書は不適切なもので、採寸等についてルールを定めるのであれば、同性の者が行うことや第三者が立ち会うことを規定した方がよいでしょう」

エモーショナルファクト社長のY氏を直撃すると…

 まさに所属タレントに「強制わいせつ」を行うことができるようにするための文言がちりばめられているというのだ。一体なぜ、こんな悪質な「覚書」を所属タレントと結んでいたのだろうか。取材班はエモーショナルファクト代表のY氏を2月25日夜、直撃した。

――文春オンラインです。

「ああ、はい」

――御社が所属タレントと交わしていた「採寸に関する覚書」についてお聞きしたい。(採寸に関する覚書を示す)

「ああ、確かにこれは、うちが使用していたものですね。ただ、これはXさんが作ったものを僕らも使わせてもらっていただけなんですよ」

――Aさんともこの「覚書」を結んだのか。

「確かに、今回Aさんとも昨年の4月末くらいにこの契約を結びました。もともとAさんはXさんの知人から紹介されたということで、Xさんが弊社に連れてきて、契約の時にも立ち会いました」

――採寸に関する覚書をつくること自体にそもそも問題があるのでは?

「例えば、契約書って両者問題なく物事が動いているうちは関係があるものではないじゃないですか。何かあった時に、ルールはどうなっているのか確認するというものという認識がありまして。契約書にある程度極端な状況を想定して、こういうことがあり得るよと書いておくのが契約書なのかなと考えています」

――今後もこの覚書を所属タレントと交わしたままにしていくのか。

「覚書云々というより、今後については私だけで決めることではないので、すみません、これ以上は……」

 その後はいくら質問をかけても同じ答えを繰り返すだけだった。

一方、X氏は……

 取材班はX氏にも直接電話をかけた。「文春オンラインです」と名乗ると、「話すことは何もないです」と言って、通話は切られてしまった。

 この「覚書」は法律的にも倫理的にも、未成年のアイドル志望の夢多き少女に対して結ぶべき内容ではないのは明らかだ。未成年の少女を預かる芸能プロダクションとしての管理責任が厳しく問われるべきだろう。

 2月26日(金)21時から放送の「文春オンラインTV」では、取材担当記者が出演し、本件記事について、くわしく解説する。

 

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))