お笑いコンビ「TKO」の木本武宏さん/(C)松竹芸能

写真拡大

【最低の恋愛 最高の恋愛】

梅宮アンナさん激白「“彼”については世界一どうでもいい」

「キングオブコント」決勝に4度進出するなど大阪出身の実力派お笑いコンビ「TKO」の木本武宏さん(48)。サイコー女は出会って30年を超える奥さんだが、最近は若い女の子のタレントから恋愛相談を受けると、「それ、アカン」と思うオンナもいるようで……。

 ◇  ◇  ◇

 僕は女の子のタレントから、男のことで相談を受けることが多いんですよ。多分、結婚してるし、恋愛対象でもなくて、オバちゃん気質で恋愛話を聞きたがるからだと思います(笑い)。

 で、女の子の話を聞くと、GPSで彼氏の居場所を突き止めてる女の子が結構いるんですよ。彼氏が他の女と会ってるっていう相談をされて「なんで他の女と会ってるとわかったの?」と聞き返すと、「実はGPSで……」と普通に答える。「それ、アカンで」と思う。

 女の子ってすごいタイミングで、彼氏のケータイのロックとか見てますからね。それで男が気づかないうちに、男のケータイにGPSアプリをダウンロードして、設定する。恋愛相談を受けるとそういう女の子が結構多い。「またこのパターンか」と。

 ビビりますよね。彼氏の浮気を心配する気持ちもわかるけど、GPSで居場所を確認しないといけない関係だったら、2人の仲は破綻してるんじゃないかと。そういうサイテーな体質をまず変えてほしいと思います。

 個人的にイヤな女の子は付き合い始めた時期に2人で占いに行きたがる人。「何でもわかる占い師、いるねん!」と男を連れていき、占い師の言うことを信じて、付き合い方を決めるみたいな。そういうことはしないでほしい。

■嫁さんは「なんとでもなる」が口癖のサイコー女

 僕が嫁さんと出会ったのは高校の入学式。一目見て、「渡辺満里奈ちゃんに似てる!」と思った。僕、満里奈さんのファンだったので、嫁さんに1年半も「好き!」と言い続けた。その結果、2年の夏から付き合ってくれました。

 その頃、「30歳になったら結婚しようなぁ」とよく言ってたけど、14年付き合って、まさか本当に30歳で結婚するとは思いませんでした。

 30歳の時は芸人として一番仕事がない時期で月に3万円くらいしか稼いでない。でも、宣言通り30になった時に「約束したから」とプロポーズしたら、嫁さんが「なんでどん底の今?」と(笑い)。それでも押し通すと、「この先もずっと一緒におるから、まあいいか」と承諾してくれて。

 新婚生活もお金がないから、近所のホームセンターから廃棄する木材のかけらをタダでもらってきて、家具を作りました。ゲタ箱。それから棚や机、ベッドまで作りました。時間があるから、木工が趣味になってしまって(笑い)。

 嫁さんは「これで生活できるやん!」と一緒に喜んでくれた。「なんとでもなる」が口癖のサイコー女です。僕は嫁さんのそういうスタンスがすごく楽だった。

 結婚して18年、出会ってからは32年ですけど、息切れせずに一緒にいられるのは、嫁さんのおかげ。幸福感っていうのがつねに更新されてる感じなんです。

 今の若い男女は、SNSがあるから大変ですね。

「素朴な女の子だと思っていたのに、彼女のインスタを初めて見たら、買ったブランドのバッグをアップしてて、実は派手な女なのか? と思いました」と男から聞いたことあります。男と会ってる時とSNS上の人格にギャップがあると、興ざめするらしい。

 逆に女が男のSNSにさめることもあるから、気をつけてほしい。もちろん、気づかないうちにケータイにGPSを設定されてるのも気をつけないと(笑い)。

 うちの嫁さんは、そんなことはいっさいしないですよ。プライバシーを調べません。もう僕に興味がないのか、とも思いますけど(笑い)。

(聞き手=松野大介)

▽きもと・たけひろ 1971年5月、大阪府生まれ。90年に木下隆行とお笑いコンビ・TKOを結成。94年にABCお笑い新人グランプリ新人賞、「キングオブコント」決勝に4度出場。NHK連続テレビ小説「スカーレット」に田中雄太郎役で出演中。