大型の台風17号は発達し、強い勢力になりました。きょう21日午前6時現在、沖縄の久米島の南南西の海上を北北西へ進んでいます。

強い勢力へと発達

大型の台風17号は、きょう21日午前6時現在、沖縄の久米島の南南西約110キロにあり、北北西へ進んでいます。きのうよりも発達し「強い勢力」となりました。台風の接近に伴い、沖縄では本島地方を中心に大荒れの天気となっています。渡嘉敷島で47.7m/sの最大瞬間風速を観測(午前4時54分)するなど、道路標識が傾いたり、電柱や街灯で倒れるものが出てくるくらいの、猛烈な風が吹き荒れています。外出は極めて危険な状況です。
沖縄本島地方では、きょうの夕方にかけても暴風に厳重な警戒が必要です。
なお、台風は、今後も勢力をほとんど保ったまま北上する予想で、あす22日は九州を中心に西日本も大荒れの天気になるおそれがあります。