宮迫博之(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 吉本興業との契約解消問題がくすぶり続ける宮迫博之(49)は、貧困家庭の子供たちなどに食事を提供する「子供食堂」や清掃活動に参加し贖罪の日々を送りながら、芸能界復帰の可能性を模索しているようだ。

さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

 女性自身によると、宮迫は8月下旬、都内自宅から車で1時間ほど走り、横浜市内の雑居ビル前で直撃取材に応じ、こう言ったという。

「ここには、あるボランティア活動の打ち合わせに来ていたんです。全国からこうしたお話をたくさんいただいていて、毎日有意義に過ごしています。とにかく今はボランティアに力を入れたい」

 振り込め詐欺グループ主催の忘年会への闇営業が発覚後、田村亮(47)と2人で会見し、吉本の岡本昭彦社長(52)から「(会見)やってもええけど、全員連帯責任でクビにするからな」と脅されていたことを涙ながらに告発。吉本とは契約解消とみられた矢先、岡本社長は会見で「非常につらい思いをさせてしまった。できるなら戻ってきてほしい」とし、宮迫の処分撤回をマスコミの前で発表していた。その後、明石家さんま(64)の個人事務所入りが伝えられたりしたが、動きはなく、宮迫と田村を除く芸人11人の謹慎処分が吉本から解かれ、復帰していっている。

「さんまさんとの話は全く進んでいません。あと何日たったら芸能界復帰、そんなことは考えたこともありません。僕より亮を先に何とかしてあげたい。僕は最後の最後に、もしチャンスがあればでいいので……」

 などとコメントし複雑な胸中を語ったそうだ。

■不在の穴は後輩が着々と…

 宙に浮いたままにもみえる宮迫の処遇、そして今後の動向について、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「宮迫さんは東京の五反田駅近くにもたこ焼き店を開くなど、実業家の顔もあるのですが、ご本人にそちらを専業でという考えはなく、もう一度芸能界へとの強い思いがあるようにみえます。コンビ名じゃないけど、今は雨上がりを待って、決死隊の覚悟でまた芸能の舞台に立ちたい。でも今はまだいろいろあって、復帰をはっきり言い出せる状況にないのでしょう」

 宮迫が表舞台を去ってはや2カ月以上が経過。不在の穴は後輩芸人が着々と収まり、とりあえずテレビ界が困った様子はない。