[となりのテレ金ちゃん−テレビ金沢]2019年8月27日放送の「仰天コロンブス」のコーナーでは、能美市防災センターから中継していました。災害に対する備えを学ぶことができ、消防署も併設された頼れる施設です。

台風シーズンに突入し、ニュースなどで風の怖さに驚くことがありますよね。

けれど、「風速○○メートル」と言われてもあまり実感がありません。一体風速どれくらいからが危険なのでしょうか?


台風が来る前に覚えておきたい

時速に換算すると実感が...

実際にニュースで読まれた「予想される最大瞬間風速は、加賀能登ともに陸上で30メートル、海上で35メートルです」という原稿をもとに考えてみます。

風速というのは秒速と同じで、これを時速に換算するとよくわかります。風速10メートルは、時速36キロ。ですので、風速30メートルは時速108キロになります。

実際に時速108キロで走る車を想像しただけでも、かなりの速さだということがわかります。

防災センターで風速20メートルの風を体験すると、息がしづらく髪や服がかなりはためきました。木の枝が飛んでくる恐れもあるそうです。

しかし、これ以下でも自転車が揺れたり、風の方向が急に変わったり、強くなったり弱くなったりすることがあるそうで、安全の確保が必要になるそうです。

台風シーズン、いろいろな備えをしておきたいものですね。

(ライター:りえ160)