写真提供:マイナビニュース

写真拡大

レノボ・ジャパンは13日、15.6型ノートPC「Lenovo ideapad 300」を発売した。プラチナシルバーとエボニーブラックの2色を用意し、直販サイトおよび量販店で販売する。価格はオープンで、11月13日時点の直販価格(税込)は下位モデルが86,184円、上位モデルが123,984円。Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスが付属する。

下位モデルのCPUはIntel Celeron N3050(1.60GHz)で、上位モデルはIntel Core i5-6200(2.30GHz)。CPU内蔵グラフィックスは下位モデルがIntel HD Graphics、上位モデルがIntel HD Graphics 520となる。

その他の主な仕様はほぼ共通で、メモリがPC3-12800 DDR3L 4GB、ストレージが500GB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。OSはWindows 10 Home 64bit版。15.6型の液晶ディスプレイは光沢(グレア)タイプで、解像度は1,366×768ドット。

インタフェース類は、Gigabit Ethernet対応有線LAN、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、USB 3.0×1、USB 2.0×2、HDMI×1、D-sub×1、720p Webカメラ、4in1メディアカードリーダーなど。バッテリ駆動時間は約4.6時間。本体サイズはW384×D265×H23.4mm、重量は約2.3kg。

(リアクション)