留置施設で男がエコノミークラス症候群を発症し死亡 詐欺容疑で勾留中

ざっくり言うと

  • 愛知県警は29日、留置施設で勾留されていた男が死亡したと発表した
  • 死因は「エコノミークラス症候群」と呼ばれる肺塞栓症だという
  • 男は4月12日に詐欺容疑で逮捕され、勾留中に計4回、通院治療を受けていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング