貧困家庭に生まれ、いじめや不登校を経験しながらも奨学金で高校、大学に進学、上京して書くという仕事についたヒオカさん。現在もアルバイトを続けながら、「無いものにされる痛みに想像力を」をモットーにライターとして活動をしている。当たり前の日常を送る者の視界から、こぼれ落ちる人たちがいる――。壮絶人生の中出会った《贈り物》とは。【写真】『死にそうだけど生きてます』* * * * * * *ジェラート ピケ:先入観との決