自らの「傍若無人」外交により「中国包囲網」が形成されつつある状況に焦った王毅外相は、11月24日から訪日し、中国包囲網の一角とみなされる日本に対して懐柔外交を展開した。尖閣諸島への「侵略」行為を反省することがなく、その成果は限定的とされているが、気になるのは中国包囲網の一翼を担うインドと中国の対立がヒートアップしていることである。インド政府は11月24日、今年に入り4度目の中国系アプリの禁止措置を発表