武士の父親は皆教育パパだった 「幼童遊戯早学問手紙用文はんじ物」(歌川芳員、文久2年)。父が幼い子どもたちに、読み書きの大切さを教えている場面。江戸時代、読み書き算盤を教えるのは、家長たる父親の役目だった。男子は武士の競争社会を生き抜き、女子は良家に嫁がせる(あるいは婿取り)ためにも、教養が必要だった。(公文教育研究会所蔵)プレジデントオンライン

江戸時代はイクメンが普通…家事育児分業は大正時代から?

ざっくり言うと

  • 江戸時代の武士の場合、父親は子に学問を教える「教育パパ」だった
  • 農村では父親の知恵などを、子育てを通じて伝える構造を確立していたという
  • 家事育児分業は大正時代に生まれ、高度成長期に広がったと識者は説明する

ランキング