38年の時を超え、今また注目を集めているアントニオ猪木vsモハメド・アリの「世紀の一戦」。1976年6月26日に日本武道館で行なわれたが、試合に至るまでの両者の舌戦や熾烈な駆け引きもすごかった。緊迫の前哨戦の一部を紹介する。

 すべての発端は1975年春、アメリカでのパーティーの席上だった。日本レスリング協会会長の八田一朗(故人)がモハメド・アリと同席し、アリは八田にこう言った。「俺にチャレンジしてくる勇気のある日本人はいないのか?」――帰国後、八田はこの談話をマスコミに紹介。これに飛びついたのがアントニオ猪木だったのだ。

 同年6月、アリがマレーシアでの防衛戦に向かう途中で日本に立ち寄った際、猪木の代理人が挑戦状を手渡す。アリは「猪木って誰だ?」と驚いていたが、「次の防衛戦の相手は猪木だ。一発でKOしてやる」と衝撃発言。これはアリ一流のリップサービスで、ほとんどのマスコミは真剣に受け取らなかったが、猪木と新日本プロレスは粘り強く交渉を続け、76年3月25日、ニューヨークのプラザホテルにおいてついに正式調印に至った。

 紋付袴をまとい登壇した猪木の腕にアリは絡みつくと、お得意の「口撃」をスタート。
「俺がリングに上がったら、そこでおまえは機能停止だ!」
「俺はお前をペリカンと名付ける!」
「今度の試合は世界中の人が観る。世界の全ての国の人々だぞ! それだけじゃない、おまえが対戦するのは恐れを知らない男だぞ!」

 微笑を浮かべ、アリの挑発を聞き流していた猪木だが、突然立ち上がると応戦。
「頼むからリングの上ではそういうジョークは辞めてくれ」
「俺のアゴは尖っていて強いんだ」

 アリは上半身裸になり、力こぶを見せつけながら挑発を続ける。
「猪木はたいして大きくない。なんでも(どんな技でも)使ってくれ」

 6月16日、ついにアリが来日。羽田空港のゲートから出てくるとファンやマスコミの喧騒に包まれる中、大物悪役プロレスラー、フレッド・ブラッシーとともに「猪木をぶっ壊してやる!」と連呼した。

 その夜、東京・新宿の京王プラザホテルでアリの来日記者会見が行なわれた。
「偉大なボクサーはレスラーや空手......どんな格闘競技の選手にも勝てる。俺はすでに空手の黒帯を取っているんだ。猪木は汚い技を使うので、ブラッシーと対策を研究している」
「日本という国は好きだし、日本人も好きだ。ただ、ひとりだけ嫌いな日本人がいる。猪木だ! 日本女性はとても美しいが、猪木はとても醜(みにく)い。試合後はもっと醜くなるだろう」

 そして、会見の最後にアリは両手を開いて言い放った。
「予言する。8ラウンドで猪木はダウンする」
「猪木は私を尊敬していない。そこが一番嫌いだ。父親が子供をきつく叱るように猪木を倒してやる。ボクシングではいろんな選手を破ってきた。今度はレスラーを破るときだ」

 試合3日前、京王プラザホテルにて調印式ディナーパーティーが開かれた。これまで一方的にアリの挑発にさらされてきた猪木が、ここで反撃に出る。
「みなさんにこれまでの経過をご報告申し上げます。3月25日に調印いたしましたが、それ以降、公の場で非常に侮辱的な罵倒を浴びましたが、私自身ひとこともそれに反論せず、ずっと耐えてまいりました。それから、今回の契約について、またルールについて、すべてアリ側の条件を飲んでまいりました。なぜか? この試合を絶対に実現させたいためで、ずっと耐えに耐えてきたわけです」

 会場から拍手が巻き起こる。そして、猪木はまさかの「奇襲攻撃」を仕掛ける。
「みなさんにご紹介しましょう。アリ側の汚い戦術、裏側で何を言っているのか......ドロップキックは使わないでくれ。あるいは、空手チョップは使わないでくれ。寝てから殴らないでくれ......再三のルール変更にも私はずっと耐えてきたわけです。しかし、それにも限界があります。私は手と足を縛られて闘うのと同じような条件で闘うわけです。アリが本当に偉大なボクサーであるならば、公の場でアリに申し上げたい。すべての興行収益をかけて、勝ったものがそれを獲ろうじゃないか。それだけの覚悟で私はこの試合に臨みます。アリ側もそれを望むならば、その契約書を今ここで交わしてもかまいません」

「すべてをかけてやる度胸があるのか?」
猪木が迫るとアリは同意し、勝者が興行収益を総取りする契約書にサインする。
その様子を見ながら、猪木は吐き捨てるように呟いた。
「ペンが震えてら、この野郎」

 さらに、猪木はアリへのプレゼントとして持ってきたというギブスを取り出して挑発。これにはアリも怒り、「今ここでやろう!」と猪木につかみかかろうとするが、ブラッシーらが制止した(勝者が興行収益を総取りする契約は、アリ側の猛抗議により無効になった)。

 6月25日、試合前日の公開計量で緊張感はピークを迎えた。先に計量を終えた猪木をシャドーで挑発するアリ。猪木は微笑を浮かべアリの顔をまっすぐに見ている。

 アリが警告する。
「俺のパンチが当たったら一貫の終わりだぞ。打たれないように気をつけろよ!」

 絡みついてくるアリの腕を振り払う猪木。おもむろにアリの顔の前に人差し指を突き出す。すかさずその腕を叩き落とすと、アリは叫んだ。
「明日会おうぜ! 明日は真剣になってくれよ。俺はお前が嫌いだ!」

 前哨戦では、アリ一流のジョークに会場が笑いに包まれる場面も多かったが、その裏では生き残りをかけた両者の熾烈な駆け引きがあった。試合は15ラウンドを闘い抜いてドロー、「世紀の凡戦」と当時は嘲笑されたが、近年再評価されている。試合に至る過程を見直してみると、この歴史的一戦をより楽しめるのではないだろうか。

text by Sportiva