読経中にマスクを着用するケースも(写真は泰聖寺の純空住職)

写真拡大

 新型コロナの影響で日常がガラリと変わった。葬儀の場も例外ではなく、今までの慣習が“非常識”と言われてしまいかねない大きな変化が起きている。遺族、親族、関係者……それぞれの立場で生じる、「新時代の葬儀」への疑問を解説していこう。

【写真】ラミネートした純空住職のPCR検査結果のアップ。コロナ注意書きと共に、法衣姿の純空住職が持つ

列席者は5〜6人

 入り口にはアルコール消毒液のポンプが置かれ、マスク姿の参列者が互いに距離をとりながら受付に並ぶ……。

 新型コロナウイルスの影響で「新しい生活様式」が広がるなか、葬儀の様子も一変した。業界団体は〈葬儀業「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」〉を5月末に公表し、遺体の引き取りから葬儀、火葬後までの感染対策のポイントを示している。

 しかし、ガイドラインはあくまで「感染予防」を重視したものにすぎない。“どうすれば失礼にあたらないか?”という疑問に答えてくれるものではない。コロナ後の葬儀の新常識について、Q&A形式で徹底解説する。

 前述の葬祭業者向けガイドラインには〈葬儀の参列者については、ご遺族にある程度限定することも提案する〉とあるが〈ある程度限定〉とは“どの程度”なのか、結局は遺族が考えなくてはならない。

Q. 葬儀はどのくらいの人数でやるものになったのか?

 コロナ前から、通夜をせず告別式だけ執り行なう「一日葬」や、どちらもせず火葬場に直行する「直葬」、一般の参列者を呼ばない「家族葬」などが広まる傾向があった。

 大阪市にある柳谷観音大阪別院・泰聖寺の純空壮宏住職は、「コロナで小規模化の流れは加速した」という。

「同じ『家族葬』でも、これまでは20〜30人規模だったのが、いまは10人前後が主流になっています。5〜6人で見送られる家族も珍しくありません」

Q. 高齢の兄弟や親戚、友人には声をかけないほうがいい?

 少人数化が進んでいるとはいえ、故人との別れを希望する親戚や知人を呼ばないと失礼になる懸念がある。葬儀・お墓・終活コンサルタントの吉川美津子氏はこう話す。

「基本的には親戚や親しい友人には、年齢にかかわらずお知らせしたほうが良いでしょう。ただし、家族葬の場合はそのことを伝え、“このような状況なので無理はなさらないでください”と一言添えるのがいいでしょう。このご時世ですから、参列を遠慮される方も多いです」

※週刊ポスト2020年10月30日号