SUV販売台数ナンバーワンのホンダ「ヴェゼル」

写真拡大

 国内のクルマ販売は、まさに“SUV戦国時代”の様相を呈している。昨年(2019年1〜12月)のSUV新車販売でもっとも売れたホンダの「VEZEL(ヴェゼル)」も、決して安閑としてはいられない状況で、近々のフルモデルチェンジの噂が尽きない。果たして次期ヴェゼルはどんなクルマになるのか──。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏が予測する。

【写真】ヴェゼルの強敵? ダイハツ「ロッキー」

 * * *
 2019年10月にデビュー予定が、電子ブレーキのトラブルで発売延期となったホンダ「フィット」が今年2月、ようやく発売される。同じ月にトヨタ「ヴィッツ」もフルモデルチェンジ(車名/ヤリス)される予定で、この両雄対決が久々に国産勢による新車ラッシュの年の口火を切ることになろう。

 そのホンダの新商品でもうひとつ、ユーザーの関心が高まりつつあるモデルがある。コンパクトSUV「ヴェゼル」だ。現在販売されている第1世代モデルの登場は第3世代フィットと同じ2013年。そのフィットが第4世代に進化するのと前後してヴェゼルもそろそろ……という見方が出てくるのは自然な流れと言えよう。

 ただ、フィットとヴェゼルは置かれている立場が少々異なる。第3世代フィットは鋭意投入したハイブリッドシステムが1年間で連続5回リコールという大失態があったことに加え、デザインも不評だったことから、販売戦線を維持するのが精一杯だった。

 それに対してヴェゼルは同じシステムで連続4回リコールを受けたにもかかわらず、モデルライフを通じて人気を保った。2016年末にトヨタが発売した「C-HR」に一時シェアを取られたが、実用性の高さと価格の手頃さでその後、勢いを盛り返している。日本における小型クロスオーバーSUVの代表選手としてのポジションは失われていないということで、フィットに比べるとモデルチェンジを急ぐ切迫性は薄いと言える。

 しかし、ヴェゼルも2019年12月でモデルライフ7年目に突入した。本田技術研究所での次期モデル開発も佳境に入っていることは間違いなく、場合によっては実際に組み立てて問題を洗い出す生産試作に移行していても不思議ではない時期である。登場は遅くとも2021年だが、クルマの販売戦線の状況によっては2020年中に出る可能性もあるだろう。

「実際、これから先はヴェゼルの立場も次第に苦しくなっていくと思います」

 首都圏にあるホンダの販売店幹部はこう話し、一刻も早いモデルチェンジを待ち望んでいる。

「今までヴェゼルの販売が安定的だったのは、商品力のおかげという側面もありましたが、それ以上に価格、クルマの形などで直接競合するライバルが限られていたことが大きかったと思います。

 ところが、ここに来て急に競合商品が増えてきました。一番のプレッシャーはつい先日発売されたダイハツ『ロッキー』とトヨタ『ライズ』。スペックは低いですが、素晴らしい実用性を持っています。そして安い。ヴェゼルより小さなSUVがあればそれでもいいというお客様は結構いらっしゃって、競り合いで負ける局面も多かったです。

 こうなってくると、早く次のモデルが欲しくなる。近隣のホンダカーズ(販売店)でも同じような意見が増えています」(同前)

 今年も日産自動車が小型SUV「キックス」を日本に投入する見通しで、競争環境はますます厳しくなる。2020年にモデルチェンジを敢行する下地はできつつある。

 では、次期ヴェゼルはどんなクルマになるのだろうか。八郷隆弘社長になってからのホンダは新車開発に関する情報統制を強めていて、各種ショーでも近未来のクルマを示唆するものはほとんど出さない。来月発売になる第4世代フィットも、2モーター式ハイブリッドを採用すること以外、どのようなクルマになるかを察知できた自動車業界記者はほとんどいなかったくらいだ。ヴェゼルも同様に、厚いヴェールに覆われている。

 だが、断片情報や最近のホンダのトレンドから、方向性を推察することは可能だ。

 まず、現行ヴェゼルの検証だが、居住区と荷室をきわめて広く取ったパッケージングは言うまでもなく商品力の中でダントツに高い評価を受けている部分で、ここは変えない可能性が高い。また、オフロードライクでないクーペSUV風味のスタイリングも好感を持たれているので、テイスト自体は踏襲してくるであろう。

 いいところばかりではない。現行ヴェゼルについては、リコール以外にも散々苦労した部分があった。

「ヴェゼルは日本だけでなく、海外でも広く販売し、そこでそれなりにシェアを取ろうというクルマでした。実際、販売はしたのですが、フィットベースということがマイナスに作用して、耐久性や悪路走行で求められる強度の確保には発売後の改良も含めて手こずり、コストがかさむ一因になったんです」(ホンダ事情通)

 次期型ヴェゼルが再びフィットベースになるかどうかは不明だが、東南アジアや中南米に多い、オフロードをはじめとした悪路を走るというニーズに対応するのであれば、プラットフォームを上級の「シビック」クラスに丸ごとクラスアップさせるか、それと同等の大手術が必要になる。

 ところが、舗装路を日常的に走るわけではなく、オフロードはちょっぴり走れればOKというクロスオーバーSUVとしては、現行ヴェゼルの評価は世界でも低くない。とくに限界性能、緊急回避などの性能についてはかなり高く評価されている。最低地上高さえあればOKという先進国のライトユーザーをターゲットとする“ファッションSUV”にするのであれば、次期型のフィットベースで十分だ。

 予想がつかないのは細部のデザイン。「N-VAN」「N-WGN」と、八郷社長就任後に少しずつ変化を見せていたホンダデザインだが、東京モーターショーでお披露目された第4世代フィットで、ナチュラル路線への回帰が完全に方向付けられた感がある。これまでさまざまな自動車メディアが旧世代の「エキサイティングHデザイン」というコンセプトに基づいたものになるという予想を提示していたが、そうなる可能性は今、かなり低くなったと言える。

 いずれにせよ、遠からず行われるであろうヴェゼルのフルモデルチェンジ。その前に筆者は久々に現行モデルを借り受け、山岳路を走行してみた。

 デビュー当初は素晴らしい居住性、ユーティリティの高さと、ひどく乱暴な乗り心地が同居したクルマであったが、顧客からのコンプレイン解消に懸命に取り組んだか、現在では初期型のように突き上げるようなショックに見舞われることはなくなっていた。

 サスペンションストロークに限りがあるため、大きな段差やうねりの多い道では本格SUVのように柔らかく受け止めるのが難しくなるが、普通の路面では非常にコントローラブルで、敏捷性はSUVとしてはかなり優れた部類に入ると思われた。

 基本設計に手を入れられるフルモデルチェンジでこのヴェゼルがどう変わるか──。それによって、“SUV戦国時代”の様相を呈している日本市場の勢力図の行方が大きく左右されるのは確実なところ。早ければ今年後半、そういう局面を目にすることができるのではないか。