佐賀県警神埼署は17日、陸上自衛隊目達原駐屯地(佐賀県吉野ヶ里町)の1等陸曹(51)を傷害容疑で逮捕した。

 「間違いありません」と容疑を認めているという。

 発表によると、1等陸曹は16日午後9時40分頃、自宅で、次女(14)の顔などを殴ったり蹴ったりして、鼻の骨を折るけがを負わせた疑い。

 1等陸曹は妻(40歳代)と長女(10歳代)、長男(同)との5人暮らし。当時は、酒を飲んでおり、次女とトラブルになって仲裁に入った妻と長女も打撲などのけがをした。

 妻が午後10時すぎに「主人を止めてください」と110番通報し、駆けつけた同署員が飲酒検知をしたところ、呼気1リットル中0・45ミリ・グラムのアルコール分が検出された。これまでに虐待に関する通報や相談はなかったという。