ルンバやGoProをパクった中国メーカー製家電のほか、最近は交通事故が増えているためドラレコが売れる

写真拡大

―[稼げる[ゆる副業](秘)リスト]―
大企業がこぞって解禁し、副業の機運が高まる昨今。さらに老後資金に必要な2000万円のプレッシャーが重くのしかかるも、UberEatsやアパレル転売の行列に並ぶ体力はないし、できれば汗もかきたくない。しかし、世の中にはオンラインをフル活用して楽に荒稼ぎしている猛者たちがいた!

◆ヤフオク転売代行:元手0円のリスクなし。面倒な作業はすべて外注
…一ヶ月で100万円

 すでに話題になっているヤフオク転売。だが、桜井和宏さん(36歳・コンサルタント・Twitter:@kazu_skz)は、従来の転売で発生する在庫リスクや梱包と発送の手間がかからない、革命的な副業を実践している。

「生活家電を中心にヤフオクで転売しているのですが、仕入れ値が0円なんです。中国系の家電製品などを扱うショップが、特定の製品を購入して高評価のAmazonレビューをつけると商品代をキャッシュバックすると謳った案件をFacebookグループに投稿しており、そこで購入した家電を転売しています」

 検索すればグループはすぐに見つかるという。では、どういった商品を仕入れるのが正解なのか?

「売れ筋はワイヤレスイヤホンやアダルトグッズなど。元値はいずれも3000〜5000円程度です。最新ニュースのチェックも大切で、大規模な窃盗被害の報道があったら防犯カメラ。ルンバの最新モデルが出たら、それに似せた商品が動きやすいです」

 キャッシュバックがあるとはいえ、売れ残りは避けたいところだ。

「購入してレビューをつけると商品代が入金されるので、その商品を今度はヤフオクへ出品して売れるのを待つだけ。ワイヤレスイヤホンだと、今なら1万円前後で落札されることが多い。手数料や送料は1000円程度。誰でも簡単に、今日から始められます」

 単純なようだが、驚きはここから。その“誰でもできる”副業のフローのほとんどを、桜井さんは知人の主婦や学生に外注している。

「購入から梱包、発送を彼らにしてもらい、出品や入金管理だけ僕が担当します。僕は日中仕事で家にいないので荷物を受け取れない。彼らは日中ヒマなので、受け取り梱包して発送するだけ。会員登録やカードの引き落としなど面倒なお金のやりとりはせずに作業のみ。一方、僕はスマホ上でお金の管理だけすればよいので汗もかきません」

 先月の売り上げは150万円。商品が売れるごとに外注費として2割を主婦や学生に支払い、ヤフオク手数料などを引いても100万円超の利益が残るという。

「始めてまだ1年もたっていませんが、初月で5万円の利益を出し、3か月後には30万円を超えました。そこで外注が思い浮かんだんです。費用はかかりますが、一人でやるより多くの商品をさばけるし、圧倒的に楽。よく『外注してる人が自分で転売業を始めないの?』と聞かれるのですが、彼らは相場を見ながら仕入れをするのが面倒だし、入出金管理できるほどの資金もない。なので、喜んでバイトを引き受けてくれますよ」

 元手0円で実働はスマホチェックのみ。これこそ令和最先端の「楽チン副業」と言えるだろう。

<文/週刊SPA!編集部>

―[稼げる[ゆる副業](秘)リスト]―