運転免許証を返納しない人に「赤い軽自動車」をプレゼントすべき理由

写真拡大

79歳で新車を購入した父…

私は1996年に遠距離介護を支援するNPO法人を立ち上げ、20年以上に渡り活動を継続しています。会員の多くは都市部に暮らす子。故郷で暮らす親の介護のみならず、生活全般をどのように支えれば良いのかと悩みを抱えています。

そんな彼らにとっての普遍的な悩みの1つが「親の運転」です。

今年4月、東京池袋で高齢運転者(87歳)が歩行者らをはね、尊い命を奪いました。その後も、高齢者の運転による事故は立て続けに起きています。

〔photo〕iStock

これらの報道を見ながら、日本中で、40〜60代の子が運転免許証を保持する高齢親に対して、「気をつけるように」と注意を促していることでしょう。池袋の事故のようなことが起きれば、被害者・被害者家族はもちろんのこと、加害者家族も、精神的にも経済的にも、肉体的にも、言葉では表現できないほどのダメージを受けることとなるでしょう。

すでに、親の運転能力に疑問を抱いている子は、「運転をやめるように」と必死の説得を試みているものと推察します。

しかし、この説得は困難を極めるケースが多いのです。

子は知恵を振り絞り、時には怒鳴り、ときには猫なで声を出し、親と向き合いますがめったにうまくいきません。親世代は、子の言葉に耳を傾けない傾向が強いのです。

これからお話しするコウジさん(52歳:仮名、東京在住)も、説得に失敗した1人です。

コウジさんは山形県出身です。コウジさんには妹もいますが、神奈川県内に暮らしており、実家では80代の両親が2人で暮らしています。

コウジさんの両親が暮らす地域は、御多分に漏れず、バス便は少なく、買い物や母親の通院には83歳の父親の運転で出掛けます。

「最初、ヤバいと思ったのは、父が79歳になった頃です。新しい車を買ったからと嬉しそうに電話をしてきたので、久しぶりに帰省したんです」と、コウジさんは言います。

殺人犯になってからでは遅い

79歳にして新車を購入したと満面笑顔の父親でしたが、いきなりやらかしたそうです。なんと、コウジさんの目の前で、車庫入れがうまくいかず、ギギーッと音をさせて壁をこすり、ピカピカの新車に無残なキズをつけました。

「父親本人もびっくりしていましたが、僕もあっけにとられるほど驚きました」

以来、帰省する度に、車体と車庫の壁をチェックするようになったそうです。すると、その後も頻繁にぶつけている様子がうかがえたとか…。しかし、コウジさんが指摘しても、父親は「たまたまだ」「うちの壁だから問題ない」と取り合いません。

〔photo〕iStock

コウジさんの実家辺りは、田舎とはいえ、田畑ばかりではなく、住宅地になっており、少し離れた駅近くにはファミリー向けのマンションもあるそうです。実家から母親のかかりつけの病院と、スーパーマーケットは、どちらも車で15分ほどの距離。

帰省時には、用事がなくても助手席に座ります。「ヒヤッ」とし、サイドブレーキに手を掛けそうになったことも数回。身体がガチガチに緊張することが続き……。

「2年前、意を決し、父に言いました。『もう、運転はやめた方がいい。もし、事故を起こしたら、殺人犯となって人生を終えることになるかもしれないんだぞ』と」

コウジさんは、あえて厳しい口調で言いました。さすがに父親は受け入れると思ったのですが、それは甘い予想でした。

父親は、コウジさんの目をにらみつけ、血相を変えて声を荒げました。

「東京で暮らすお前に何がわかるんだ。運転しなければ、母さんの通院はどうするんだ。買い物はどうするんだ。自分のことは、自分が一番よくわかっている。免許証を交付されているということは、運転に問題はないということだ」

「赤い軽自動車」をプレゼントしたワケ

とはいえ、コウジさんはもうここまできたら引けません。なんとしてでも父を説得しようと事前に仕入れた知識で、「運転経歴証明書」のことや、個別宅配してくれるスーパーや生活協同組合の情報を冷静に話しました。通院にはタクシーを利用することを提案。しかし、父親はまったく耳を貸そうとしません。

「顔を紅潮させ、身体を震わせ、『帰れ』と怒鳴られました」

その後も、コウジさんと妹がかわるがわる帰省し説得を試みるも、父親の頑なな姿勢は翻りませんでした。ただ、子どもらのあまりの粘り強い交渉の成果か、1年半が経過したころ、「運転は、病院と買い物などの範囲だけにするよ」と自ら言いました。

父親の気持ちがやわらいだことを察知し、コウジさんは、以前から検討していた行動に打って出ることに。父親に車をプレゼントすることにしたのです。

高齢になり、ひとまわり身体が小さくなった感のある父親が大きな車に乗っていることが気掛かりでした。サイズ感を考えて、軽自動車を提案。初期費用と維持費が安いこともポイントでした。

父親は、最初、「『軽』なんてペコペコの車はダメだ。余計にあぶない」とバカにしていました。しかし、実際に見ると、今どきの「軽」は、驚くほど進化しています。

「『自動ブレーキ』や『誤発進抑制機能』など充実しているんです。試乗してみると、父も『視界が広い、案外いいな』と言いました」とコウジさん。

コウジさんが父親に対し、満を持して選んだ車体カラーは「真っ赤」! 目立つ色にすることで、周囲に注意してもらおうと企んだのです。

父親には、「『赤』は元気が出て、気持ちが前向きになるよ」と勧めました。父親も「若返ったよ」とまんざらでもない様子。一方、コウジさんは、隣近所には「引き続き、免許の返納を促しますが、それまで『赤い車』を見たら避けてください」と頭を下げているのだとか。

鍵を隠す、廃車、おまわりさんから説得…

万全ではないものの、安全装備付きの車に交換させたコウジさんの根気強い姿勢は評価できるものでしょう。「プレゼント」は無理でも、どうしても手放さないケースでは、自動ブレーキの後付けや買い替えを促すのも一案です。

運転免許証を交付されれば、運転する権利があるということなので、「人権」の面から考えても、強引にその権利を奪うわけにもいきません。「運転するときは、家族が助手席に座る」ことを勧める声もありますが、遠く離れて暮らしていると気持ちはあっても日常的には無理難題です。

しかし、たとえ免許証の更新がすり抜けてなされても、もし、見過ごせない危険を察知した場合には、強硬手段に出ることも致し方ないでしょう。

これまで、以下のような方法で、親の運転を阻止した子がいました。

・車の鍵を隠す
・エンジンオイルを抜いて「壊れた」ことにして廃車
・かかり付けの医師に相談し、医師から説得してもらった
・警察の「運転適性相談窓口」に親を連れて行き、相談、説得してもらった
・近所の交番に相談し、おまわりさんから説得してもらった
・「運転免許証を交付しないでください」と、都道府県の公安委員会に電話で直訴したという子もいました(そのようなことで判断が翻るわけもなく、更新不可の理由は「認知機能検査」の結果だったのだと思いますが……)

それぞれの事情や、親の性格によって、使える方法と、使えない方法があると思います。実際、鍵を隠しても、スペアキーを探しだして運転していたとか、「やっと廃車にした」と思ったら、新たな車を購入していた、なんて話を聞くことも……。

最近も、免許自主返納後に運転して、高校生をはねた高齢運転者(80歳)の報道もありました……。

自動運転などさらなる技術の進歩などにも期待しつつ、できる形で悲惨な事故を食い止めたいものです。