声優としても活躍中の鈴村健一とフリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。6月13日(木)放送の「Mama Said 〜ありのママライフ〜」のコーナーでは、ブロガー・作家のはあちゅうさんが登場。妊活や、夫・しみけんさんとの結婚生活について語りました。


鈴村健一、はあちゅうさん、ハードキャッスル エリザベス

賢く楽しく暮らすママたちに話をうかがい、その生活術をみんなで共有するコーナー「Mama Said 〜ありのママライフ〜」。今回は、エッセイマンガ「旦那観察日記〜AV男優との新婚生活〜」を発売中のはあちゅうさんを迎えてお届けしました。

◆婦人科受診「早めに行ってよかった」

鈴村:妊活の末に第一子を授かり、今年の秋に出産予定とのことで、おめでとうございます。

はあちゅう:ありがとうございます。

鈴村:妊活で大変なことはありましたか?

はあちゅう:そうですね。私の場合、旦那が「あまり子どもはほしくない」と言っていたので、その説得から始まって。(子どもを授かるために)トライした期間よりも、自分の気持ちが走っていた距離のほうが、すごく長いものでした。

鈴村:妊活の末に、ということですが、妊活と不妊治療は違うものなんですか?

はあちゅう:妊活という言葉は、妊娠のことをきちんと考えるところから使っていいそうです。そして、健康な男女が1年間いろいろトライしたにもかかわらず、(子どもが)できなかったら、そこから不妊治療に。私がやっていたのは不妊治療未満のトライで、まずは妊娠について調べたり、体調を整えたりするところから始めました。でも、思ったように(子どもが)できず、婦人科へ。「ああ、意外とパッとはできないものなんだな」と知りました。

鈴村:普段の生活で自分が気付いていないことも、やっていかないといけないんですよね。

はあちゅう:そうですね。私は管理アプリで排卵日をなんとなく把握していたのですが、病院で調べていただいたら周期が違っていて、最初のトライは的外れなものだったとわかりました。婦人科に行かないとわからなかったので、早めに行ってよかったなと思います。

◆妊娠は「現実は違った」の連続

鈴村:第一子を授かったとき、旦那さんの反応は?

はあちゅう:嬉しそうではあったんですけど、「あ、おめでとう」みたいな感じ。もっとドラマチックなのかなと勝手に思っていたんですけど(笑)。妊娠・出産に関わることはすべてそうなのですが、「こう思っていたのに現実は違った」ということがすごく多いですね。

鈴村:男としては、リアリティがないように感じるんですよね。ドラマチックなことが起きそうだと自分も思うけれど……と、勝手に想像していますが。

はあちゅう:でも私も、今まで妊婦さんを見て「天使のようだな。今きっと幸せなんだろうな」と思っていたんですが、自分がなってみると「意外としんどいな。天使のような気持ちではいられないな」と。これが現実なんだなと思います。

◆旦那は「39歳児(笑)」

鈴村:2019年2月には、「旦那観察日記〜AV男優との新婚生活〜」を発売されました。僕も読ませていただきましたが、夫婦のあり方がおもしろい! しみけんさんは、家ではどんな感じなんですか?

はあちゅう:すごく幸せそうな人です。いつもご機嫌。

鈴村:本では「本当にハッピー・マンなんだな」という感じがしたんですが、その通りなんですね。

はあちゅう:そうですね。39歳児だと思って接しています(笑)。

鈴村:夫婦喧嘩はするんですか?

はあちゅう:ちょうど結婚して1年になるんですが、大きな喧嘩は3回くらいですかね。

鈴村:どういうことで喧嘩するんですか?

はあちゅう:やっぱり、お互い忙しくて余裕がないときに、些細なことがきっかけで……。

鈴村:仲直りはどうやって?

はあちゅう:嫌なことをずっと引きずっていてもしょうがないですよね。家って、お互いがずっといる場所なので。1回外に出て、冷静さを取り戻して、ちゃんと話し合う。もう、「別れる」「別れない」というような恋人の話でもないので(笑)、これから一緒に生活していくうえでの改善点を話し合います。経営会議のような感じ。夫婦は共同経営者だなって思います。

鈴村:おもしろい!

◆「彼個人を見てほしかった」

鈴村:本には、しみけんさんが対談の仕事で、自分の職業をしっかり伝えにいくつもりだったのに、思っていたのとは違う内容になってしまい、「私が支えなければ」と思ったというエピソードもありました。

はあちゅう:正しい性知識や仕事内容を知ってもらおうと思って行ったのに、男優の仕事を責められるような内容になって、すごく後悔があったので。そういうことは、結婚前にもずっとありました。やはり職業だけではなく、彼個人を見てほしいという気持ちがあり、Instagramでマンガを描き始めて、それが書籍になりました。旦那の職業は “ママ”とは縁遠いところにあるかもしれませんが、夫婦の些細なこと、結婚に至った理由などを丁寧に描いたつもりです。

鈴村:どんな職業であろうが、その人が選んだことであり、その人の人生。それを丸ごと受け止めながら、偏見ではないところで人と付き合っていかないと、おもしろくないと僕も思います。声優の仕事も、ちょっと偏って見られがちなんです。本当はお芝居やコミュニケーションがベースにあるのですが、初めて会った人に「いい声ですね。何かささやいてくださいよ!」と(笑)。そういう意外と伝わっていない部分について、この本を読んで感じることがあります。はあちゅう:そうですよね。「もしかしたら私の人生とも共通点があるのかな」という気持ちで手にとってくれたら嬉しいですね。

 
----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】 http://radiko.jp/#!/ts/FMT/20190613081900
聴取期限 2019年5月21日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ http://www.tfm.co.jp/timefree_pr/
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月曜〜金曜 6:30〜6:35
パーソナリティ:鈴村健一、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/agrinews/
<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜9:00
パーソナリティ:鈴村健一、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/