「ミス慶応」2019年は2つ開催の異例事態 対立する2団体の主張

ざっくり言うと

  • 「ミス慶応」は主催団体の不祥事で一時途絶えたが、実行委員会が復活させた
  • 2019年は新団体も開催を宣言し、一本化されることなく2つ開催される見通し
  • 実行委員会代表は、利権があるわけではないが出場者を見捨てられないとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング