希林さんの葬儀に出席した内田裕也さん

写真拡大

 亡くなった内田裕也さん(享年79)のマネジャー・Aさんと、内田さんの長女・内田也哉子(43才)本木雅弘(53才)夫妻との間に大きな溝ができているという──。

【写真】葬儀前日、内田裕也さん宅を訪れる本木雅弘

 その日の天候は、彼女の死に悲しみ暮れるかのような雨模様だった。半年前の9月30日。樹木希林さん(享年75)の告別式が東京・光林寺で行われ、多くの有名人が樹木さんに感謝の言葉を述べ、最後の別れを告げていた。そんな中、喪主の内田裕也さんは口を真一文字に閉じたまま、一言も発さなかった。

 その内田さんの車椅子を、甲斐甲斐しく押す1人の女性。彼女は内田さんのマネジャーAさん。16年間、公私にわたり内田さんの身の回りの世話をしてきた。特に内田さんの晩年は家族よりも近くで彼を支え続けてきた。そんな彼女を内田さんの周囲は「裕也さんの奥さん」と呼んで──。

 3月17日、肺炎のため内田さんが亡くなった。樹木さんの死から半年、後を追うような最期に、報道陣は内田さんの自宅に集まった。

「Aさんは内田裕也オフィスの社長でもあります。Aさんは報道陣に、自宅には集まらないでほしいと伝えたうえで『22日に近親者のみで葬儀を行うこと』と『お別れ会は3月30日に大きな会場で行いますから』とアナウンスしました。でも、お別れ会の日程はすぐに取り消されたんです」(スポーツ紙記者)

 22日に行われた内田さんの葬儀後、報道陣に対応したのが内田さんの長女・也哉子の夫・本木だった。

「本木さんは会見で、Aさんが裕也さんの闘病に付き添い身の回りの世話をしてくれていたことにふれたうえで、お別れ会については『まだ決まっていない』とキッパリ言い切ったのです。そして実際、30日から4月3日に変更になりました。実は、Aさんのアナウンスが急きょ変更になった“事件”はこれだけではありません。今、本木さんら内田さんのご家族とAさんの間には大きな溝ができているようなのです」(前出・スポーツ紙記者)

◆最期は自宅で看取りたかった

 内田さんは樹木さんと結婚した1973年の1年半後、別居を始めた。その生活は40年以上にもおよぶ。家族がそろうのは年に1回の写真撮影だけで、年々、交流は少なくなった。そこで、内田さんを献身的に支えたのがAさんだった。

「4年ほど前に裕也さんが体調を崩したときも家族を頼らず、Aさんのサポートを受けていました。Aさんが内田裕也オフィスの社長になったのは今から10年ほど前のことです。希林さんや本木さん、也哉子さんもAさんの存在は知っていました。Aさんは、今はセレブマダム風ですが、もともとファッション業界で活躍されていて有名なかたでした。いつも裕也さんのそばに寄り添って“内縁の妻”と見られていました」(芸能関係者)

 そして、「お別れ会」をめぐって事件が起きた。

「当初はAさんと歌手の金子マリさん(64才)ら裕也さんの音楽仲間が中心になって『お別れ会』の準備を進めていました。もちろんその気持ちもわかります。裕也さんの交遊関係を把握しているのはAさんですから、本木さんもそこは任せるという気持ちだった。ただ、本木さんサイドや希林さんに近しい関係者のスケジュールなど事前の確認をしないまま会場を押さえて仕切りはじめてしまった。

 任せたとはいえ、あまりに遺族を無視した進行にさすがの本木さんと也哉子さんも我慢の限界だったのではないでしょうか。『日程はまだ決まっていない』というのは大人の対応だったと思います」(前出・芸能関係者)

 樹木さんが亡くなり、昨年11月に内田さんが体調を崩して以降、本木家と内田さんの交流の機会は増えていた。

「也哉子さんは希林さんの遺品整理をしていて、裕也さんが希林さんにあてたラブレターを見つけました。『メシ、この野郎、てめぇ、でも、本当に心から愛しています』というあの有名な手紙です。それから裕也さんへの複雑な感情も関係も少しずつ変わっていった。闘病で後悔を残してしまった分、最後は娘としてきちんと見送りたいという思いもあるでしょう。

 一方でAさんにしてみれば、“16年間、内田さんの面倒を見てきたのは自分だ”“自分こそが内田さんの家族だ”という思いもある。

 こんなことでもめるのは裕也さんや希林さんの本意ではないだろうと、一度は本木さんサイドも口をつぐんだのでしょうが、なかなか相容れないのも仕方ないでしょうね。なんだか“火宅の父”である裕也さんらしい最後の事件のような気もしますが…」(音楽業界関係者)

 そんなもめ事を見越していたのか、生前の樹木さんはこんな手続きまで済ませていた。

「生前、相続税節税を見込んで8軒の不動産の名義を本木さんや也哉子さん、お孫さんに変更しました。一方で、“私が死んでも、夫には遺産を渡さないわよ”と言っていました。“お金があったら、一晩で全部使っちゃうから”と、希林さんらしい言い方が印象に残っています。

 ただ、その本音は夫に遺産を渡したくないというよりも、自分の裁量で財産を分配しておくことで、“内縁妻”のAさんと本木さん夫妻の間での相続争いを防ぎたかったのかもしれません。裕也さんの葬儀を行った自宅も、持ち主は也哉子さんに変更を済ませていました」(本木家の知人)

 4月3日のロックンロール葬──。樹木さんなら「バカね」と笑いとばすのだろう。

※女性セブン2019年4月11日号