『べっぴんさん』で注目の谷村美月

写真拡大

 20%以上の高視聴率を記録しているNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。戦後の混乱期、兵庫、大阪を舞台に、女性たちが子育てに追われながらも子供服店を立ち上げていく姿を描く。デビュー3年目にしてヒロインに抜擢された芳根京子(19才)に注目を集まるが、そんななかでも存在感を見せているのが明美役の谷村美月(26才)だ。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが、谷村の女優としての魅力に迫る。

 * * *
『べっぴんさん』の見どころは、何と言っても「キアリス」4人娘の奮闘。ヒロインのすみれ(芳根京子)、女学生時代の友人である良子(百田夏菜子)と君枝(土村芳)、女中の娘として育った苦労人の明美(谷村美月)が、力を合わせて店を営む姿が感動を誘っています。

 ただ、ヒロインの芳根京子さん、アイドル・ももいろクローバーZのセンターを務める百田夏菜子さん、初の連ドラレギュラー出演で「あの子は誰?」と話題を集める土村芳さんに注目が集まる中、谷村美月さんがクローズアップされる機会はあまりありません。

 谷村さんは4人の中で最年長であり、女優としてのキャリアも断トツ。「なぜ損な役回りをしているの?」と感じた人もいると思いますが、むしろそのような難しいポジションこそ谷村さんの十八番なのです。

 明美は幼少期の辛い経験から、すみれを冷たく突き放すなど暗い影を見せていましたが、良き理解者となったあとも、4人の中で唯一結婚や出産をせず孤独なまま。もともと裁縫の技術がない上に、3人の夫が帰還したことで、“明美だけ蚊帳の外”という状況が鮮明になりました。しかし、谷村さんはそんな難役を3人とほどよい距離感を保ちながら淡々と演じています。

 谷村さんは26歳にして出演作150本を超える“若きベテラン”。中学生のころ名立たる映画監督たちから「天才少女」と称賛を受けたあとも、主演だけでなく助演にも積極的に挑んできました。近年はむしろ主演を引き立てるバイプレーヤーに徹している感すらあります。

 ずっと変わらないのは、常に作品のカギを握る難役に指名されていること。14歳で演じたデビュー映画『カナリア』で、父親から虐待を受け援助交際に走る少女を演じたのを皮切りに、映画『ユビサキから世界を』では集団自殺を計画する女子高生、『わたしたちの教科書』(フジテレビ系)ではいじめられ、親友を校舎からの転落死で失う中学生、映画『おにいちゃんのハナビ』では自ら坊主頭を志願した白血病の少女、『モリのアサガオ』(テレビ東京系)では両親を殺されたショックで口がきけなくなった女性など、10代のころからハードな役柄を演じ続けてきました。

 ドラマや映画のキャスティング会議では、暗い過去を持つ女性の難役があると必ず谷村さんの名前が挙がるなど、その評価は頭一つ抜けたものがあります。彼女は制作現場で、10代のころは「10代に見えない」と言われ、20代になっても「20代に見えない」と言われるなど、常に大人びた役柄を求められてきました。つまり、ずっと年齢以上の役を背伸びして演じなければいけなかった分、才能だけでなく成長のスピードも速いのです。

「インパクトの強い難役を演じるとイメージが固まってしまう」と連続出演を避ける女優が少なくない中、谷村さんは前向きに挑み続けることで、“難役のスペシャリスト”というポジションを手に入れました。10代で早くも唯一無二のポジションを確立したことで、その後もオファーが途切れることはないのです。

 もちろん谷村さん本人の努力も見逃せません。取材をしていると、撮影現場で共演者のことをよく観察している様子がうかがえますし、表情や仕草などを細かくチェックしてキャラがかぶらないように心がけるなど、まるで演出家のような広い視野を持っていることが分かります。

 その意味で、すみれたちのことをよく見ていて、足りないところを補おうと心がけ、必要なら言いにくいことも迷わず言う明美は、谷村さんのハマリ役。谷村さんが明美を演じることで、ドラマがただの仲よし物語にならずにピリッと引き締まり、芳根さんたちの演技にもいい影響を与えているように感じます。

 演じてきた役柄のイメージで、「物静かでミステリアスな人に見られがち」という谷村さんですが、実際の彼女は明るく話し、フットワークの軽い女性。これまで3度取材したことがありますが、一人暮らしの様子や家族のことも気さくに話してくれましたし、インタビューが終わると笑顔で頭を下げ、小走りで颯爽と帰っていきました。「人気女優が夜道に一人で大丈夫かな……」とこちらが心配になるくらい自然体の人だったのです。

 そんな自然体の振る舞いは、ミドルティーンのころからほとんど変わっていませんし、谷村さんの演技スタイルそのものとも言えます。ありきたりな分かりやすい演技ではなく、内面からにじみ出るような感情表現ができるのは、単にキャリアが長いからではなく、難役に挑み試行錯誤を重ねてきた証ではないでしょうか。

 とりわけ『べっぴんさん』で演じる明美は、同じくにじみ出るような感情表現を求められる、すみれ役の芳根さんにとってよきお手本。実際、すみれと明美の会話シーンには、優しさと緊張感が共存した独特の間がありますが、谷村さんの演技がそれを作っているように見えます。

 まだ学生役もできる童顔ながら、すでに大女優のような貫録を備えている谷村さんが、30代、40代と年齢を重ねていく中で、どんな難役に挑み、どんな女優になっていくのか。共演する同世代の女優たちにどんな影響を与え、どんな化学反応が生まれるのか。楽しみでなりません。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。