地元では治療が難しい米女児のあざ SNSで拡散され露の医師が名乗り出る共同通信

地元では治療が難しい米女児のあざ SNSで拡散され露の医師が名乗り出る

ざっくり言うと

  • 生まれつき顔に黒い大きなあざのある生後7カ月の米国人女児
  • 9日までに、ロシア南部クラスノダールの病院で治療が始まった
  • 地元米国で治療が難しく、母親がSNSで発信した結果、露の医師が名乗り出た

ランキング