公営競技の予想情報を提供する日本初のサービス

写真拡大

産業経済新聞社と産経デジタルは、産経新聞グループの中央競馬および公営競技にかかわるスタッフの総力を結集したスマートフォンアプリ「サンスポ予想王TV」の提供を2012年4月12日に始めた。

あの人気アイドルの予想コラムも

同アプリは、中央競馬や地方競馬、ボートレースに競輪といったすべての公営競技の予想情報を提供する日本初のサービスで、電通が提供するクラウド型アプリ開発・運営支援プラットフォーム「Mobile Clip」を使用。産経新聞グループ4媒体(サンケイスポーツ、週刊ギャロップ、競馬エイト、夕刊フジ)のスタッフ総勢140人が、基本的に「紙媒体に載っていない情報」を、ニュースや動画、予想コラム、レース直前情報などで多角的かつタイムリーに届けるというものだ。

週末には、AKB48・宮澤佐江さんのサンスポ予想コラムや2011年に26本の万馬券を的中させたタレント・松中みなみさんの驚きの動画予想なども配信される。

料金は、定期購読で月額800円、週額250円だが、2012年4月12日〜25日までは、サービス開始を記念して無料公開中だ。

産業経済新聞社と産経デジタルでは、「Mobile Clip」の機動性・拡張性を生かして、今後もウェブサイトでの展開やコンテンツサービスを継続的に拡充するなどしてレースファンの投票券検討をサポートしてきたいとしている。