『最小の努力で概略をつかむ!IFRS(国際会計基準)決算書読解術』

写真拡大

阪急コミュニケーションズは、新刊本『最小の努力で概略をつかむ!IFRS(国際会計基準)決算書読解術』(著・望月実/花房幸範/三木孝則)を2012年1月27日に発売し、好評だ。

財務関係に携わっていないとなかなか触れる機会のない「IFRS」。それだけに、「IFRS」を解説した書も、仕事に使うために決算書を読む人へ向けたものではなく、多くは財務諸表作成者向けのものが多かった。そこで、「仕事に使える会計の本」として出版されたのが本書だ。

IFRSの全体像から実際の財務諸表の読み方はもちろん、今後求められる経営指標のタイプや、IFRの勉強の進め方までを、簡潔に分かりやすく解説している。

財務・経理担当者だけでなく、これから「IFRS」を学びたいと考えている人にも最適の一冊といえる。

単行本、252ページ。定価1680円。