関連画像

写真拡大

社会人向け講座に講師として登壇した牛丼チェーン「吉野家」役員の不適切発言を受けて、早稲田大学は4月18日、講座担当から「降板」させると発表した。

吉野家の役員は4月16日、社会人向けの「デジタル時代のマーケティング総合講座」で、若い女性を狙ったマーケティング施策を「生娘をシャブ漬け戦略」と発言したとされる。

インターネット上で、性差別・人権侵害にあたるなどとして批判の声があがり、吉野家や講座の主催者である早稲田大学社会人教育事業室が謝罪に追い込まれていた。

早稲田大学は、吉野家役員の発言について「教育機関として到底容認できるものではありません」として受講生に向けて謝罪。

そのうえで、講師をつとめた役員については「厳重に注意勧告を致します」「講座担当から直ちに降りていただきます」とした。