コロナ禍で1兆円の減収となったJR東日本の深刻さ 需要回復は見通せず

ざっくり言うと

  • 安定経営のもとで着実に経営を拡大し、社内留保を厚くして来ていたJR東日本
  • 2021年3月期の連結決算は、新型コロナの影響で減収額が1兆1821億円に達した
  • コロナ後に需要が回復しても、旅客数はコロナ以前の8割に留まるとみている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x