座間9人殺害事件の公判 遺族には「何も思わない」と被告

ざっくり言うと

  • 2017年の座間9人殺害事件を巡る裁判員裁判が、24日に開かれた
  • 検察側から各被害者と遺族への思いを問われた被告は、心情を吐露
  • 一部に対し後悔の念を語った一方、それ以外は「何も思わない」などと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x