大学時代に潰瘍性大腸炎と診断された俳優 1日40回トイレに行き外出できず

ざっくり言うと

  • 潰瘍性大腸炎を患いながらも、俳優活動を続けている26歳の井澤こへ蔵
  • 大学時代に診断を受け、発症当初はそれほど酷くなかったが、翌年に悪化
  • 下痢と血便などが続いて1日40回ほどトイレに行き、外出もできなかったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x