今月23日、小海線沿線地域を応援するご当地キャラクター“ハイぶりっ子ちゃん”が公式Twitterを更新。事務局スタッフがATMで犯したまさかのミスを公開し、話題を集めています。



https://twitter.com/hiburichan/status/1187001089112997888

この日ハイぶりっ子ちゃんは公式Twitterで、事務局二等局員が金融機関のATMを利用した際、お札を束ねたまま投入して機械を破損させてしまったことを報告。束ねたお札の写真を添えて、「皆さんも気をつけましょう」とフォロワーに呼びかけました。

さらにハイぶりっ子ちゃんはリプライ欄で、

実際は写真と上下逆だそうです。12枚とカウントされて異常無しと判断されて その先に送り込まれてしまったようです。

ATM機の異音がはんぱじゃなかったらしいです

書類を何枚も書かされてやっと解放されたようです

自己申告の金額返金の手続きで書類と免許証コピーが必用になるそうです。機械をばらして数え直して確認する前に返金するためだそうです。

と当時の状況を詳しく説明。

続けて、

本人は相当落ち込んでます

とその後の事務局スタッフ本人の状態も報告していました。

ATMにまつわるハプニングは意外に少なくないようで、ツイートを見たユーザーからは、

・この前レシートが誤ってまざりこんでしまって、銀行の人が来るまでATMの前で1時間半ほど待ちました…ミス一つで、夜遅くでも色々な人が対応に当たらなくてはならないことを痛感し、本当に罪悪感でいっぱいになりました。

・ATMではない入金機で、この状態に気づかず投入して、中で札が破れた…。という事件の経験があります。

・映画館の自動チケット販売機、お札入れにコインを入れちゃいそうなデザインなんだよね…間違ってスタッフを呼んだ事が二度も(^^;

といったさまざまな失敗談が寄せられていました。

普段はありえないと思うようなミスも、疲れているときや急いでいるときにはうっかりしてしまうかも……? みなさんもATMの取り扱いには十分にお気をつけください。

※ハイぶりっ子ちゃん(@hiburichan)さんのTwitterより引用
https://twitter.com/hiburichan

(執筆者: しゃむ)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』