「家族」に感謝をする西山茉希=東京都港区の赤坂ガーデンシティ(撮影・中田匡峻)

写真拡大

 モデルの西山茉希(33)が10日、都内で行われた台湾フェイスマスクブランド「私のきれい日記」15周年イベントに出席。自身もデビュー15周年を迎えたことを合わせてトークイベントを行い、終了後に取材対応した。6月に俳優の早乙女太一(28)と離婚して以降、取材の場は初めて。

 取材資料にはイベント以外の話題をNGとする記載があったが…。離婚をネタにしたうっかり、ボケ、自虐で笑わせ、まだ早乙女と同居していると報じられていることもほぼほぼ認めた。

 イベント冒頭では、台湾との縁を聞かれると「プライベートではなかなか台湾にいく機会はなかったんですが、“独身時代”に…」と切り出して、現在再び独身であることを思い出し「自分からぶっこんでしまいました。バカですよね。終わってる」と赤面。

 デビューからの15年の苦悩や、育児と仕事の両立で悩んだことも告白し「やってきてよかったです」と涙を流したが、「ここで涙はまずい。2019年、あの涙の意味は?みたいになる」と再び離婚をネタに。感謝する人を聞かれてボードに「家族」と書き、「先走らないで。西山家の家族ですよ」と笑わせる一幕もあった。

 取材対応では、発言に制約がある様子だが、「聞きたいことは分かってます」とぶっちゃけ。この1年を「変化進化の1年。作った家族はあり続けるし、私らしく生きていこう」と前向きに語った。

 今も元夫と過ごすことがあるのかと聞かれると「そうですね」と返し、その後は「家の中で?」と聞かれると、返事せず、目を見開いておどけながら、何度もうなずき続けていた。

 西山は2013年6月に早乙女と結婚。現在5歳と3歳になる2人の娘が誕生し、今年6月に離婚。離婚後も早乙女と同居していることが報じられていた。