「渋谷ソラスタ」に入るトリドールHDの東京本社

写真拡大

 目下、大規模再開発が真っ只中の東京・渋谷。その1つ、新築オフィスビル「渋谷ソラスタ」に去る9月2日、本社を移転したのがセルフ式うどん「丸亀製麺」を主力業態に持つトリドールホールディングスだ。

【写真】IT企業も顔負けのオシャレフロア

 同社はもともと三宮駅前(神戸市)のビルに本社を置き、4年前の2015年9月、神戸本社はそのままに「東京本部」も設置、ゲートシティ大崎(品川区)にその本部を構えていた。

 当時のトリドールHDの売上高(2015年3月期)は873億円と、1000億円の大台に満たなかったが、同社の粟田貴也社長はすでにその時点で、10年後の25年度に売上高5000億円、6000店舗という壮大な構想をぶち上げていた。

 さらに翌2016年10月には純粋持ち株会社体制に移行、「丸亀製麺」以外の業態や海外展開も加速させ、大目標を単なる夢で終わらせない本気度を窺わせた。結果、前期(2019年3月期)は売上高で1450億円まで伸び、今期も1568億円と拡大を見込んでいる。

 そして今回、前述の渋谷ソラスタへの移転を機に、東京本部からさらに「東京本社」へと格上げした。

 同地はもともと、東急不動産HDが本社を置いていたビルで、再開発を機に再び同社やグループ会社も本社を置くことになったが、使用フロアは5階〜11階と中層階。その上階に、電通傘下でネット広告関連事業を行うCARTA HOLDINGS(旧VOYAGE GROUP)というIT企業が入居している。

 渋谷といえば、ミクシィやディー・エヌ・エー、GMOインターネットなどが本社を置く、いわばIT企業の総本山的エリア。そこに外食企業のトリドールHDが本社を移転し、しかも渋谷ソラスタのオフィスフロアでは最上階となる、19階〜20階を占めている。大きな窓ガラスも相まって眺望は抜群だが、最上階だから当然、家賃もそれだけ高くなるはず。それでも移転を決断した粟田社長には、不退転の決意があったのだろう。

 どの業界も総じて慢性的な人手不足に悩まされているが、とりわけ外食企業は、名だたる大企業、あるいは勢いのあるIT系企業と違って、優秀な人材がなかなか集まりにくい。そうした危機感も粟田氏の背中を押したといえる。

 実際、新オフィスのメディア向け内覧会の際、粟田氏はこう語っていた。

「渋谷の活力を当社の成長力に活かしたかった。外食企業は、日本はもとより海外にも積極的に打って出ていくべきと常々考えている。

 ここ渋谷は街全体が再開発で非常に活気づいており、当社もさらなる高みをこの地で目指し、従来の外食企業に持たれるようなオフィスイメージも払拭していきたい。そのために音楽やアート、教養を深める書籍なども置き、社員の感性を刺激していく」

 オフィス空間を内覧してみると、確かにとても外食企業のオフィス空間とは思えず、まさにIT系企業のそれだった。

 堅苦しいオフィス家具はなく、パソコン片手に自由に作業場を移動できるフリーアドレス空間で、ハイチェアー、ハイカウンターで仕事をする人もいれば、寝そべることができるスペースやハンモック、シエスタルームもある。すぐに集えるよう、随所にテーブルやソファーが配置されており、コンセプトは、“帰ってきたくなるオフィス”だそうだ。

 さらにカフェテリア方式の社員食堂も導入。トリドールHDでは、パンケーキカフェの「コナズ珈琲」も展開しているせいか、オフィス内はポップミュージックに交じって時折、ハワイアン音楽も流している。

 社員食堂も1年半ほど前から構想していたそうで、毎日来ても飽きないよう、約400食のメニューを用意。同社グループの店で展開する人気メニューをはじめ、フランスや中国、イタリア、ドイツ、ベトナム、タイなど、多国籍の料理を取り入れることで、食の感性も磨いてほしいという。この点は外食企業ならではかもしれない。

 粟田社長によれば、もう何年も前から、パソコン片手に、たとえばスターバックスコーヒーの店内で黙々と、かつ居心地よさそうに仕事をする人たちを国内外で散見し、「こういう場で仕事をすることでモチベーションを高めているのか」と、少なからずのショックとヒントを得たらしい。

 社員食堂は現状、ランチタイムがメインで、15時〜18時がカフェタイムということだが、いずれは朝食や夕食時間帯にも営業時間を延ばしていきたいという。ちなみにランチの値段は基本600円で、主菜が1つ増えると750円、レギュラーコーヒーなら120円で飲める。

「25年度に売上高で5000億円、世界で6000店舗という数字は、今のままではなかなか届かない。実現するには、社員の中から経営者を育てて次々に分社化したり、あるいは商売が好きな社員はのれん分けで自分で店を持つのもよし、職人としてスペシャリストの道を究めるのもいい。そうした積み重ねで目標数値を達成していきたい」(粟田氏)

 もちろん、トリドールHDはIT企業ではない。いかにオフィスがお洒落で先進的になっても、自分たちが何者かを見失わないよう、変えるべきものと変えてはいけないものをきちんと社員に認識してもらうため、来年度から2、3か月に1度の割合で、“粟田塾”も開催していくという。

「当社は基本、(「丸亀製麺」に代表される)手づくりとできたてを1つの集客装置としてご来店いただいているので、その精神はこれからも説き続ける必要があるのかなと。そういった私の思いやこれまでの転機を通した苦労や気づきを、幹部や社員たちにはダイレクトに聞いてほしい。

 人手不足になると、とかく省人化の方向でどの企業もハンドルを切っていきますが、そうではない。飲食業は楽しい場の提供であり、人が人をもてなすことが根幹です。そういう初歩的な思想をしっかり伝承していくことだけは(創業者である)私しかできないミッションだと思っています」(同前)

 基本的なトリドールのDNAを叩き込みつつ、「従来の外食の常識を超え、感性を刺激、活性化して、自由で大胆な新しい発想をどんどん生んでほしい」という粟田氏の願望から実現した今回の本社移転。外食事業はもちろん、たとえば中食や食に関わる周辺領域などで、果たしてどんな新規事業や斬新なアイデア、M&A案件などが“渋谷発”で生まれるのか、しばらく注視してみたい。

●取材・文/河野圭祐(経済ジャーナリスト)