貴源治(左)と貴ノ富士

写真拡大

 大相撲秋場所前に暴力問題を起こした十両・貴ノ富士(22=千賀ノ浦部屋)が、日本相撲協会のコンプライアンス委員会と師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)から引退勧告を受けたことが25日、分かった。この日、貴ノ富士側が「適切な措置」を求めてスポーツ庁に出した上申書に記しており、24日には同協会に寛大な処分を求める要望書を提出したという。

 上申書によると、貴ノ富士は付け人の序二段力士が普段からしっかりとあいさつをしないことなどを理由に頭をげんこつで叩いたという。貴公俊のしこ名だった昨年春場所中も暴力問題を起こしており、代理人弁護士は「処分を受けるのは覚悟しているが、少なくとも引退勧告や懲戒解雇は行き過ぎ」と述べた。処分は26日の理事会で正式に決まる見通しで、貴ノ富士側は27日に都内で会見する予定。

 また、双子の弟で、平幕・貴源治(同)も若い衆が失踪したことなどの責任を問われ、数カ月の減俸処分を受ける見通し。秋場所中に聴取を受け、稽古が厳しかったことは認めたが、暴力の事実はなく、関係者は「とばっちり。これと、暴力問題を一緒に考えるのはおかしい」と話した。