アマゾン倉庫には光の当たらない部分がある(写真/共同通信社)

写真拡大

 日本市場を制圧した“巨大企業”の内実に迫るべく、「東京ドーム4個分」の広さを誇る小田原物流センターに潜入したジャーナリストの横田増生氏は、アマゾンの正社員・西川正明(仮名)からの情報提供により、センター内でアルバイト死亡事故が続発していたことを知った。2017年10月、著者が働く直前にも、女性アルバイトの内田里香(仮名・享年59)が作業中に倒れ、くも膜下出血で亡くなっていた。潜入取材を進めるなかで、他にも死亡事故が続いて起きていたことが分かった。なぜ、死亡事故が続発するのかについて、横田氏がレポートする。なお、横田氏は15年前にも潜入を経験している。

 * * *
 内田の取材を続けていたころ、小田原の物流センターをめぐる新たなニュースが私の耳に飛び込んできた。2017年11月中旬にも、物流センター内で作業中の男性アルバイトが倒れて亡くなったのだという。内田が亡くなってから1か月後のことだ。ピッキング(商品を指示書通りに仕分けする)を担当する中原純子(仮名)はこう話す。

「11月18日の午後4時半ごろ、4階でピッキングの作業をしていたら、ハンディー端末の画面に作業を一旦停止するという表示が出たんで、その間はすることもないんで顔見知りのワーカーさんと立ち話をしていたんです。そしたら、近くで人が倒れているっていうんで、見に行ったの。顔を見たら、冬場でも上はTシャツ一枚で作業している人だ、とわかりました。

 体格のいい方で奥さんと一緒に働きにきていたので、よく覚えていました。私が気づいたのが、4時40分ごろだったかな。そこにはリーダーがいて携帯電話で電話していました。すると、(物流センターを仕切る下請けの派遣会社)ワールドインテックの上の人がきて、そのあとで“アマゾン様(アルバイトはアマゾン社員をこう呼ぶ)”が2人来たのね。1階に救急車が来たのに気づいたのは、2階のパソコンで退勤を押した後だったので、5時15分か20分ぐらいだったと思います」

 亡くなったのは北島正人(仮名)だった。

 北島の死亡については、冒頭の西川も耳にしていた。

「アマゾンの同僚からは、その日のうちに、警察が来て現場検証をしたと聞いています。けれど、北島さんが亡くなったことは、ワーカーさんに朝礼や昼礼で伝えることはありませんでした。ボクは、北島さんが亡くなった数日後に、上司との面談があったんですが、そのときに、北島さんが亡くなった話を持ち出しても、救急車で運ばれたのは聞いていたけれど、亡くなったとは知らなかった、と言っていました。センター内で起こった死亡事故を知らないなんて、信じられない気持ちでした」

 亡くなった北島の妻の京子(仮名)に会えたのは、事故後1年以上たった翌年の年末のことだった。

「夫が亡くなった当日の朝、顔色が悪かったんで、私は、大丈夫? 会社休んだ方がいいんじゃないの、って言ったんですが、行ってくるよ、と言って、朝7時すぎに出ていきました」

 と京子は述懐する。

 横浜で生まれ育った正人は、中学卒業後、神奈川県下のガラス工場で20年近く働いたが、経営が左前になったとき、工場を辞めた。そのころ京子と結婚する。お互い38歳のときだった。

「口下手のおとなしい人でした。人付き合いも得意ではありませんでしたが、ちょっとでも話したことのある人なら、おもしろい人だね、って言ってくれるような人でした」

 結婚直後は、リーマンショックなどの影響もあり、派遣や日雇いの仕事をするが、どれも長くはつづかなかった。2人の生活が行き詰まり、数年間は、生活保護を受けていた。その生活保護から抜け出すことができたのは2人で一緒にアマゾンで働くようになった2014年のこと。正人が雇われたのは(アマゾンの下請けの派遣会社)ワールドインテックだった。2人の定時の勤務時間は、午前9時から午後6時までで、週5、6日働いた。2人合計の収入は手取りで30万円前後になった。

 その後、京子は上司との折り合いが悪くなり、2016年にアマゾンを去り、百貨店の食品売り場でのレジ打ちに職を切り替えるが、正人はアマゾンで働きつづけた。

 正人が亡くなった日、京子は百貨店でレジ打ちの仕事が入っていた。午後5時すぎの休憩時間に、携帯電話を見ると、LINEの電話に正人からの着信が、3、4件入っていた。

「具合が悪くて早退でもしたのかな、と思って電話すると、(ワールド)インテックの担当者が電話に出てきて、びっくりしました」と京子は言う。

 正人の携帯電話でかけてきた担当者からは、正人が勤務中に倒れて、すでに小田原市立病院に運ばれたので、すぐに病院まで駆けつけてほしい、と告げられる。京子が病院に到着したのは、6時半ごろだった。救命救急室で心臓マッサージを受けている正人を見ると、意識はないし、心電図モニターに表れる脈拍もほとんどなかった。体に触れてみると、体が冷たくなっている。

「病院の人から、心臓マッサージをつづけますか、って訊かれたので、もういいですよ、と答えたんです」と京子は言う。

 司法解剖の結果、死因は解離性大動脈瘤破裂。享年50。

◆小田原は仕事が少ないので…

「私は泣くこともできず、ただ茫然としていました。この人の葬儀や役所での手続きなどで、仕事を2週間ほど休まなければならない。家にある蓄えは4万円だけ。どうやってこの人を送り出しながら生活をしていけばいいのか、と途方に暮れました」(京子)

 京子がワールドインテックから受け取ったのも、3万円の香典だけだった。

 京子は、正人の病院の治療代や司法解剖代などがいまだに払うことができないでいる。2人で働いてようやく成り立っていた生活は、夫が亡くなることで崩壊の一歩手前まで追い込まれ、取材当時、月4万円の家賃を10か月滞納していた。金銭的に助けてくれる身内もいない。

 働いていた百貨店が閉店になり、京子はいくつかの職場を転々としたが、2018年10月から派遣会社は以前と違う会社に変え、再びアマゾンの小田原物流センターでのアルバイトに戻った。正人が亡くなってから体重が20キロ以上減ったことから、以前を知る仲間から、「人相が全然変わった」と驚かれる。だが、京子自身はダイエットをしたつもりもなく、日々の生活に追われているうち、いつの間にか体重が落ちていたのだ。

 夫が命を落とした職場で再度働くことに葛藤はなかったのか、と私は尋ねずにはいられなかった。

「小田原付近では仕事が少ないので、困った時のアマゾン頼みって言われているんです。給与は日払いでもらえますし。夫が亡くなったことへのわだかまりが全然ないと言ったらうそになりますけれど、生活のためだと割り切ることにしました。年末もお正月の三が日も働くつもりです」

◆アルバイトとの希薄な関係

 私が小田原の物流センターで働いた後、《しんぶん赤旗》が2018年7月から、アマゾンについての連載である「資本主義の病巣」を掲載した。連載では、私が取材した2人以外にも、小田原の物流センターで3人が亡くなった、と書いてある。

 1人目は、2013年12月29日で、夜勤の20代前半の男性。2人目は、2014年3月のことで、夜勤の男性がロッカールームで倒れて亡くなった。3人目は2016年6月、夜勤の男性が勤務中に緊急搬送され亡くなった、とある。この3人は、冒頭の西川が話していた夜勤の労働者の死亡事故の状況とピタリと重なる。

 同紙の取材に対し、アマゾン側は3人の死亡を認めたという。

 小田原の物流センターの開設から4年で、わかっているだけでも5人が作業中に亡くなっている。センターで労働者が倒れて亡くなるまでの対処方法に、アマゾンやワールドインテックの落ち度はまったくなかった、と言い切れるのか。

 ワールドインテックに内田や北島の死亡事故について尋ねると、「当社としてはいずれも個人情報であるため詳細については申し上げることが出来ません」という回答があった。アマゾンジャパンからは、「横田様の今回の取材企画を進める上でのご質問内容につきまして、具体的な回答を差し控えさせていただきたく存じます」と返事があった。

 こうしたアマゾンの回答は、アマゾンとアルバイトの間の希薄な関係を象徴している。アマゾンは、アルバイトの管理をワールドインテックやその下請けの派遣会社に丸投げしており、自らアルバイトとは直接かかわらない。こうした環境では、アルバイトの労働環境にだれが責任を取るのか、という問題の所在が曖昧になってしまう

 私が今回の潜入取材を2週間の短期間としたのには理由があった。15年前に最初に潜入したときと比べ、アマゾンが大きな変貌を遂げていたからだ。

 今回の場合、潜入取材はあくまで導入であり、その後、かなり腰を据えて取材しない限り、現在のアマゾンの全体像に近づくことはできない、と思った。即日配送やカスタマーレビュー、マーケットプレイスやAWSなど、アマゾンのさまざまな現場にできるだけ接近し、アマゾンの光と影を明らかにしていこうと考えたからだ。

●よこた・ますお/1965年福岡県生まれ。関西学院大学を卒業後、予備校講師を経て、アメリカ・アイオワ大学ジャーナリズム学部で修士号を取得。1993年に帰国後、物流業界紙『輸送経済』の記者、編集長を務める。1999年よりフリーランスとして活躍。主な著書に、『潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影』『仁義なき宅配』『ユニクロ潜入一年』など。新刊『潜入ルポ Amazon帝国』は9月18日ごろ発売予定。

※週刊ポスト2019年9月13日号