青山敏弘(撮影:岸本勉/PICSPORT)

写真拡大

27日、日本代表に槙野智章と柴崎岳が合流した。この日のウォーミングアップ後のメニューは、斜め方向のロビングのパスを相手の頭越しに入れるメニュー、そのパスが通ったら急いでフォローに近寄りワンツーを使って抜け出すメニュー、さらに狭いエリアでGK2人、フリーマン3人を入れたボールキープゲームだった。

森保一監督はこのボールキープゲームを毎回繰り返している。これが森保サッカーの根幹をなすトレーニングと言っていいのだろうか。

森保監督が広島を率いた時代にキャプテンとして信の厚かった青山敏弘は「この練習は広島時代もやってました」と言う。またトレーニングは「そんなに(変わらない)じゃないです。まったく変わらない」とも語った。

ただし報道陣に公開されている練習で守備に関する部分はない。青山は非公開練習のときに守備の調整をやっていると明かす。また「守備は前提として(監督が求める)守備ができる、高いレベルの選手を呼んでいるのだと思います」と、選考の時点ですでに形になっているのだという。

森保監督はトレーニングで何を求めているのか。「攻撃も守備も一緒だと思っています。(森保監督のサッカーの)一番の良さは攻守のスイッチの速さだと思ってるし、監督はそこをいつも求めてる」。そして選手に「試合より難しい練習をやってるよ」と語っているのだそうだ。

青山は「アジアカップでの結果だったりパフォーマンスが、この先のワールドカップ予選に反映されていると感じますし、チームとしての成長があるとすごく感じていた」と、自身初めての参加となる大会に期待を寄せる。

森保監督のめざすサッカーを知り尽くすベテランは大会制覇の自信のほどを聞かれ、「もちろん」と胸を張っていた。【森雅史/日本蹴球合同会社】