©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

12月4日(火)に放送される『徹子の部屋』には、今年5月に惜しまれて逝った西城秀樹さんの妻・木本美紀さんが出演。西城さんをデビュー当時からよく知る黒柳徹子と思い出を語り合う。

©テレビ朝日

西城さんは、1972年に歌手デビュー。『情熱の嵐』『ちぎれた愛』『傷だらけのローラ』など、バツグンの歌唱力とエネルギッシュに歌う姿で一躍スターの座に駆け上がった。

そして、黒柳が司会を務めていた『ザ・ベストテン』では、『YOUNGMAN(Y.M.C.A)』が最高得点9999点を出した。

©テレビ朝日

これまで西城さんが脳梗塞と報じられたのは2003年と2011年の2回だったが、実はこれ以外にも脳梗塞との闘いがあった。最初に発症したのは、美紀さんと結婚した2001年。ちょうど長女を身ごもっていたときだったという。

そんな夫が体調の変化と闘いながらも喜んでいたのは、3人の子どもの誕生。特に長女が誕生し、47歳で初めて父親になったときは別格だったそうだ。

常に目標を高く掲げて壮絶なリハビリを続けていた西城さんの闘病生活を、妻が明かす。