ニューヨークの国連本部で開かれた環境関連のイベントに出席した小泉進次郎環境大臣。初めてのスピーチで「日本は1997年に京都議定書を採択したが、リーダーシップを発揮してこなかった。今日から我々は変わる」と通訳を介さず英語を披露日本の存在感を強調したが、国内外のメディアが取り上げたのは、演説前に行われた記者会見での「気候変動のような大きな問題は楽しく、かっこよく、"セクシー"であるべきだ」という発言だった