この後、くノ一と彼氏忍者は順調に愛を育んだ。

くノ一は決して素顔を見せない。彼氏とお風呂に入るときも、水遁の術を使う時も、こっそりとウォータープルーフメイクを行う。彼氏がスッピンだと思っているほど、メイクは有効なのだ。


そして寝るときも、密かに寝化粧をする女性は少なくない。
ある意味、女性はみんなくノ一なのかもしれない。


そして結局、スッピンを見せないまま結婚。
くノ一がその素顔を見せるのは、結婚した後だけなのだ。


この忍者夫婦は、末永く幸せに暮らしたと言う。

そして、くノ一が使っていたパソコンは東芝から発売されたばかりの七変化ノートPCdynabook KIRA L93」だ。くノ一は様々なスタイルでパソコンを利用していたが、すべて全て同じパソコンだったという事に気づいただろうか。

例えば、先ほどくノ一の花嫁姿を映していたのは、七変化の一つ「テントスタイル」で、タッチ操作を伴う映像再生やプレゼンに最適な形。「dynabook KIRA L93」は次のように様々に変化する。


くノ一の柔らかい体のように360度回転するヒンジと、着脱可能なキーボードにより、7つのスタイルに変化するのだ。


ドキュメントやメール作成などに便利な「ノートPCスタイル」



少人数で同じ画面を見ながら共同作業ができる「フラットスタイル」



ペン入力で絵や文字を書くのに便利な「キャンバススタイル」


「スタンドスタイル」ではスクリーンを自立させ、美しい映像や写真のスライドショーを存分に堪能する。


キーボードを離脱した「デスクトップスタイル」は、使い方も自由で場所も選ばず資料作りに最適。ワイヤレスのバックライトキーボードは、お寺など暗い室内での作業にも対応する。



Webブラウジングなど画面タッチの操作に便利な「タブレット」


まさにくノ一のように七変化できるノートPCが、「dynabook KIRA L93」だ。
仕事でもプライベートでも使える心強いパソコンと言えるだろう。
このパソコンの詳しい情報は、公式サイトでチェックしてみよう。

[PR企画]
■関連リンク
dynabook KIRA L93公式サイト

※記事出演:檜木萌、末野卓磨 撮影:古屋和臣 衣装:市原昌顕 製作協力:エスピーボーン、ヨッピー 構成・文章:地主恵亮 企画・編集:谷口マサト