「シンイ-信義-」を手がけたキム・ジョンハク監督、自宅で遺体で発見

写真拡大

キム・ジョンハク監督が死去した。

23日午前、報道専門チャンネルYTNは「キム・ジョンハク監督が自宅で遺体で発見された」と速報で報じた。

最近、キム・ジョンハク監督はSBSドラマ「シンイ-信義-」の出演料未払いと関連して背任と横領、詐欺の疑いで訴えられ、警察の調査を受けていた。

現在、キム・ジョンハク監督の死因については明かされていない。

キム・ジョンハク監督はドラマ「黎明の瞳」「砂時計」 「待望」「太王四神記」「シンイ-信義-」などを演出した。