妻の居ない家に、女性はキャリーバッグを引いてやって来た(写真はイメージ)

写真拡大

女性を自宅に引き込み、家を追い出されて

 かつて、既婚男性の不倫の恋の掟として「一緒に写真は撮らない」「旅行はしない」「自宅には入れない」などが存在した。それがいつのまにか、なし崩しになり、スマホで撮った写真を共有し、旅行をし、あげく自宅にまで引き入れる男性が増えている。ルールなどなくなってしまったのが昨今の不倫だ。不倫も恋愛のひとつとしてハードルが低くなったのか、危機管理がなってないのか、あるいは結婚に価値を見いだせなくなっているのか、他に理由があるのかはわからない。

「楽しかったのは再婚して数カ月だけ」妻子を捨てて再婚したのに… W不倫の末に見た現実

「妻と子どもたちが妻の実家に行っているから、絶対に帰ってこないと思ったんですよね」

妻の居ない家に、女性はキャリーバッグを引いてやって来た(写真はイメージ)

 うつむきながらそう話してくれたのは、ショウジさん(仮名=以下同・43歳)だ。30歳のとき、友だちの紹介で知りあい、つきあっていたシズカさんと結婚した。3年後に長女が誕生、その4年後に次女が誕生した。

「女3人に囲まれて、いい家庭だったと思います。シズカはちょっと口うるさいところはあったけど、何より明るいところがよかった。娘たちも、とにかく明るくて元気に育ちました」

 そんな幸せな家庭があったのに、3年前、魔が差した。まさに「魔が差した」としか言いようのない時期だったとショウジさんは振り返る。

「40歳になるころ、入社したころから、かわいがってくれた上司が急逝したんです。生まれて初めて僕を評価してくれた人だった。というのも、僕は兄と姉のいる末っ子なんですが、この兄と姉がふたりとも、ものすごく優秀でして。小さいころから勉強もスポーツもできた。僕はどっちも苦手で、さらに引っ込み思案で。兄と姉が国立大学を卒業したのに、僕は私立にやっとひっかかって、あまり知られていない会社に就職した。いつでも『生きるってつらいなあ』と自信がなかったんですが、その上司に出会って変わったんです。できてもできなくても、自分で目標を立ててがんばっていこうと思えたのは、上司がいたから。だけど彼はあっけなくいなくなってしまった」

 仕事への意欲が極端に低下し、彼は心療内科に通うようになった。心配させたくないと家族には内緒だった。そんなとき、声をかけてくれたのが社内のミエコさんだった。

「彼女は庶務課にいるんですが、医療費のことがあって心療内科に通っていることが気になったと。何かできることがあったら人事につなぐこともできますからと、こっそり言ってくれたんです。小さい会社ですから気にかけてくれたんでしょう」

 それを機にショウジさんはミエコさんにすべてを話してしまった。誰かに話したかったのだ、苦しい胸のうちを。それを受け止めてくれたのがミエコさんだった。彼女は3歳年下でバツイチ。子どもはいなかった。

 自分をわかってくれると思ったとき、人はあっという間に相手に心を開く。ましてつらい思いを抱えていたショウジさんにとって、ミエコさんは救ってくれる女神のように見えたらしい。

「心細かったせいでしょうか、一気に彼女に依存していったんです。彼女も離婚したばかりで寂しかったのかな、1ヶ月もたたないうちに関係ができて……」

 自分に妻子がいるという意識はもちろんあった。彼女にそのことも話した。だが彼女は、「私はもう二度と結婚するつもりはないし、あなたを苦しめたくはないの」と言ってくれた。だから信用したのだという。

「彼女と出会って変わった」

 最初のうちは誰にも見られないよう、会う場所に気を遣った。食事などはせずホテルに直行し、先に入った部屋番号を彼女に伝えてもらったりもした。彼女が母親とふたりで暮らしていたため、彼女の自宅は使えず、ホテルがふたりだけの居場所となった。だが、会えば会うほど好きになる。好きになれば、ふたりでレストランへ行ったりもしたくなる。

「彼女とつきあうようになってから、だんだん精神的にも立ち直っていきました。彼女は亡くなった上司のことも知っていたから、思い出話にもつきあってくれて……。恥ずかしながら、同じ会社なので彼女は僕の収入もわかっている。金銭的なことも気遣ってくれて、ときどき素敵なレストランでごちそうしてくれることもありました。まさに理想的な女性だった」

 週末は連絡しないのをルールにしていたので、ショウジさんはそれまでと変わらない生活を送ることができた。むしろ、妻や子どもと一緒にいると、家庭は大事だと改めて感じるようになったという。

 一方、彼女との濃密な時間は、彼に癒やしとやる気の両方をもたらしてくれた。

「彼女との相性も、実は僕には大きかった。妻とは没交渉が続いていたんです。もともと妻はあまりそういうことが好きじゃないタイプでした。僕もしなければしないでいいやと思っていた。だけどミエコと出会って変わったんです。体での会話は、言葉より重いんじゃないかと思うほど。これほど重要なコミュニケーションだと教えてくれたのはミエコでした。快楽が先か愛情が先か、わからないけど会えば会うほど発見があって、どんどん快楽が深くなるんです。自分の体と彼女の体の区別がつかなくなっていく。そういう経験をしたのは初めてでした」

 心身ともに相性がよかったのだろう。彼は、家庭とは別に、彼女との関係をできる限り続けていこうと心に決めた。

予見していた妻

 一昨年の夏のことだ。妻のシズカさんが、子どもたちを連れて2週間ほど実家に帰りたいんだけど、と言い出した。

「妻の実家は遠いので、毎年1週間くらいは、妻たち3人で行っていました。だけど一昨年は、義父が体調を崩して入退院を繰り返していたので、妻は少し長めにいてあげたかったみたいですね。僕も後半には妻の実家に行くよと言って送り出しました」

 そしてここで彼に「魔が差す」のである。いつもラブホテルで時間を制限して会っているミエコさんと自宅で過ごそうと思ったのだ。彼は有頂天になった。

「彼女は最初、気が進まなかったみたいですが、僕が何日でもいていいんだよ、一緒に暮らしてみようよと口説いた。あのときは本当に彼女と生活がしたかったんですよね。このチャンスを逃したらもう二度とそんな機会はないから」

 休暇の後半、彼は妻の実家に行かなくてもいいと思っていた。仕事が忙しいといえば文句は言われないはずだ。妻のいない2週間のうち、前半5日間、休みをとった。ミエコさんは4日間の休みをとった。部署が違うので怪しまれることもなかった。

「妻たちが帰った2日後、ミエコがキャリーバッグを引いてやってきました。あとはふたりでこもって楽しむだけ。夜になると子どもたちからLINEやテレビ電話が来ましたが、『電池がなくなっちゃったよ』とか『明日は朝から会議なんだ』とか言って10分くらいですませました。ミエコとの大事な4日間を邪魔されたくなかったですから」

 ふたりで夢のような日々を過ごし、明日はミエコさんが帰るという晩、一緒に食事を作って食べながらソファでいちゃいちゃしていると、突然、玄関の鍵が開く音がした。

「チェーンをかけていたので開かなかったんでしょう、『あなた、いるの?』という妻の声が聞こえました。その日は携帯を切っていたんですよね。最後の晩を邪魔されたくなくて。だから妻の声を聞いて焦りました」

 友だちが来ていたと言い訳ができるかもしれない、とにかくミエコと妻を会わせてはいけない。とっさにそう思ったショウジさんは、半裸のミエコさんにベランダに出てもらった。彼女のキャリーバッグと靴はベランダに放り出した。彼女のものと思われるものをばんばんベランダに放り、玄関を開けた。

「『どうしたのよ』と妻はリビングに入ってきました。リビングのテーブルの上にあった料理は、皿ごとゴミ袋に入れてこれもベランダに出しておいた。それでも誰かいた感じというのは消せないものですね。『誰かいたの』と妻が言うので、今日は休みをとってひとりで飲んだくれていたんだよと冗談交じりに言ったんですが、妻の顔は笑っていなかった。妻は腕組みをしてリビングを歩き回り、寝室へ。そこはミエコと毎日寝ていたので、シーツなどは乱れたまま。妻はそれを見ても黙っていました」

 そしていきなり窓を開けたのだ。ベランダにはミエコさんがうずくまっていた。周りにはさまざまなものが散乱している。

「もうこうなったらどうしようもない。説明するから彼女は帰してやってくれと妻に頼みました。ミエコはうつむいたまま部屋に入ってきました。ベランダで身支度は調えていたようで、小さな声で『すみません』と言ったんです。すると妻は彼女を後ろから突き飛ばし、『ふざけるんじゃないわよ、何やってんのよ、人の家で』と叫びました」

 彼は妻を止めた。ミエコさんは走り出て行ったという。

 その後、当然のことながら彼は妻からひどく責められた。あれほど泣いたり叫んだり取り乱す妻を初めてみたという。妻はその休暇期間に必ず何かあると予見していたようだ。不倫は妻に勘づかれていたのだ。そして彼は追い出された。

「会社と自宅の中間点に、小さな古いアパートを借りました。妻は子どもたちに『お父さんは単身赴任だ』と言っている。だから月に1回の週末だけ帰れるんです。妻は離婚したいけど今はしないと言っていて。だけど僕とはほとんど会話してくれません」

 ミエコさんとはときどき会社で顔を合わせるが、ふたりで会うことはない。今もミエコさんにはすまないことをしたと思っていると、ショウジさんは目を伏せた。

「もっと子どもたちに会いたいし、自宅に戻りたい。シズカにも悪いことをしたから、どんな償いでもする。そう言っているのですが、妻は許してくれません。それでも上の子はしょっちゅう妻の携帯からメッセージをくれるんです。『パパ、元気にしてる?』って。それを見ると泣けてきます」

 自分が蒔いた種である。自業自得。わかってはいるけれどつらいんです。彼は唇を噛みしめ、眉間に深いシワを寄せた。これほどまでに苦悶の表情を見せる男性はめったにいない。魔が差した時間は、ないことにはできないだろう。なんとかそのうち妻の怒りが解けてくれたらいいのに。そう願うしかなかった。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

週刊新潮WEB取材班編集

2021年1月20日 掲載