子宮頸がんワクチンの接種推奨を中止 接種率減で死者4000人増える可能性

ざっくり言うと

  • 子宮頸がんの予防ワクチンの接種勧奨を、厚生労働省が中止した件
  • 大阪大チームは、中止で接種率が激減したことによる影響を予測
  • 避けられたはずの患者が計1万7000人、死者が計4000人発生するとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x