【動画】川上憲伸氏が語る藤浪晋太郎「スランプの原因」 大谷翔平の活躍と関係?

写真拡大

 9月11日、YouTubeチェンネル「川上憲伸 カットボールチャンネル」が更新されました。動画内で、川上憲伸氏が阪神・藤浪晋太郎のスランプについて語っています。

 「あのへんぐらいから、(悪い意味で)ちょっと変わってきたなってときがあったんですよ」と川上氏。数年前の話で、当時、藤浪と同級生の大谷翔平が日本ハムで、160キロ超えを連発していたそうです。それまで柔らかく肘を上げるタイプだった藤浪が肘を抱えるような投球フォームになったと指摘。「スピードはアップしたけど、コントロールが荒れるようになった」「抜けたりするのが増えたのかな」と説明しています。

 「ピッチャーって、スピードになんだかんだいってこだわりたいんですよ」とも。スピードがかえって邪魔になっていると考察しました。

※YouTubeページにジャンプします
・阪神と中日の「妄想トレード」
・藤浪晋太郎と大野雄大のトレードはアリ?
・高山俊へエール
・藤浪のスランプについて