楽天戦で2ランホームランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】

写真拡大

体勢は完全に崩されながら、すくい上げるようなスイングでスタンドイン

■楽天 12-8 ソフトバンク(8日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が8日、本拠地PayPayドームで行われた楽天戦で今季初の1試合2本塁打をマークした。今季は度肝を抜くアーチを連発しているが、この日も3回に体勢を崩されながら右翼スタンドへ運ぶ2ランを放ちファンも「NPB最強打者」「最高に意味不明」と驚きの声を上げている。

 まさかの一発が飛び出したのは6点のビハインドで迎えた3回、1死一塁で迎えた第2打席だった。1ボール2ストライクと追い込まれた4球目、内角低めへのチェンジアップ。体勢は完全に崩されながら、すくい上げたようにスイングすると打球は高々と舞い上がり、そのまま右翼スタンドに突き刺さった。

 これには「パーソル パ・リーグTV」も「意味不明 柳田悠岐の『膝もとゴルフスイング弾』」とのタイトルで動画を公開すると、綺麗なフォロースルーで運んだ驚愕の一発にファンも唖然。

「NPB最強打者の名は伊達じゃない」

「ほんとゴルフみたい」

「最高に意味不明で好き」

「ドライバーショット」

「これが超異次元野球」

 試合は敗れたものの柳田はこれで17試合に出場し打率.323、6本塁打、14打点と絶好調。ファンの期待は大きくなるばかりだ。(Full-Count編集部)