チュートリアルの徳井義実(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 事件に発展するのも時間の問題ではないのか。チュートリアル徳井義実が設立した会社が3年間にわたって出演料などの所得を申告せず、東京国税局から約1・4億円の申告漏れなどを指摘された問題。23日夜に会見を開いた徳井は「本当にルーズだったというしかなくて、もう甘さ、怠慢がすべて」などと釈明していたが、実際は“確信犯”だった疑いが強くなった。

申告漏れチュート徳井の今後は?「いだてん」やはり降板か

  ◇ ◇ ◇

 FNNは24日、徳井が過去にも東京国税局から無申告を指摘されていた、と報じた。つまり、今回発覚した所得隠しは、ルーズや怠慢といった「うっかりミス」ではなく、“常習”の可能性があるのだ。元国税調査官の佐川洋一税理士はこう言う。

「今回は2つのポイントがあります。1つは、3年間の法人所得約1億円を全く申告していなかったことに対して無申告加算税(15%または20%)の対象となったこと。もう1つは、個人的な旅行代や洋服代など約2000万円を経費に計上していたことに対して重加算税(35%)の対象となったことです。普通に考えれば後者より前者の方が悪質と思うかもしれませんが、前者の無申告については、(本人が申告の必要性を十分に認識していたとしても)具体的な仮装隠蔽の事実が認められなかった、ということでしょう。逆に、後者の個人的な支出を法人の経費に計上していたことについては、内容は分かりませんが、何らかの仮装隠蔽の事実が認められたことになります」

 無申告は悪質性を立証しづらい。本人が「うっかりしていた」と言えば、それ以上、踏み込めないからだ。その無申告を繰り返していたということは、裏を返せば意図的に所得隠しを狙っていた疑いが出てくる。徳井は会見で、税務知識が欠如していた、みたいな物言いだったが、2014年8月のラジオ番組でこう発言していた。将来の海外永住計画を明かした際、具体的な都市名としてドバイを挙げた時だ。

〈ドバイに関していうと、税金というものが一切ないんのよ。所得税、消費税、何にもいらんのよ〉

 要するに税務知識は十分。だからこそ、個人会社をつくったのだろう。徳井は修正申告したのだから、あとはホトボリが冷めるまでのんびりと、などと思っているのだろうが、そうはいかない。

 徳井の会社「チューリップ」の登記簿を見ると、事業目的は、テレビや映画、舞台などの出演業務のほか、飲食店経営のコンサル、フランチャイズチェーン店の経営などに関する業務など幅広い。このため、税務当局は吉本興業から以外のカネの流れにも注目しているという。

 狙いはズバリ、「たまり=隠し資産」だ。

「徳井さんが自宅兼会社を置いていた都内の高級マンションの一室は、人材派遣会社など複数の会社を営む経営者が所有しており、この会社は徳井さんが移住先に挙げたドバイでも新規ビジネスを立ち上げています。当局は、徳井さんに所得隠しの指南役がいるとみていて、背後関係や関係先のカネの流れ、タックスヘイブンの利用の有無などあらゆる調査を進めているとみられます」(国税局担当記者)

「仕事ができなくても致し方ない」

 失業かもしれないのに徳井が妙に余裕だったのはなぜか。今こそ、マルサの出番だ。