ブラック企業で疲れた若手を紹介するだけ。転職仲介副業でラクに稼ぐ

写真拡大

大企業がこぞって解禁し、副業の機運が高まる昨今。さらに老後資金に必要な2000万円のプレッシャーが重くのしかかるも、UberEatsやアパレル転売の行列に並ぶ体力はないし、できれば汗もかきたくない。しかし、世の中にはオンラインをフル活用して楽に荒稼ぎしている猛者たちがいた!

転職仲介:ブラック企業で疲弊する若手を紹介するだけ
…1件成立で約32万円

 人材紹介会社のオープンキャリアが運営する、転職したい人を紹介するだけで報酬がもらえるサービス「WARAJIN」を使って副業する西田宗太郎さん(28歳・エンジニア)。自身は家から一歩も出ず、転職仲介の報酬を稼いでいる。

「最近は、忙しすぎて会社を辞め、家に引きこもっていた同業の友人を紹介。僕は彼にLINEを送っただけで、アドバイスも何もしていないのに儲かっちゃいました」

 このサービスでは、自身が発行した「WARAJIN」のLINEアカウントのURLを転職希望者に紹介して、面談を受けてもらうだけで1万円の報酬がもらえる。

「面談に加えて、紹介した友人の転職が成約したので、彼の転職後の年収の7%が報酬となり、1人の転職仲介で32万円ゲット。紹介した人の転職先の年収が500万円を超えると紹介者の報酬は10%に上がるので、ハイスペックな転職希望者を紹介したいですね」

 紹介される転職先は、都内のIT系がメイン。知り合いが少なければ、少々ハードルが高いが……。

「知人の紹介だけでなく、Twitterなどでも情報拡散できます。自分が発行したURLから申し込んでもらえれば、知り合いである必要も、紹介者数の上限もないんです。あとは、若手エンジニアは疲れ気味なので、転職を考えている人は多いですね(笑)」

 飲み屋で疲弊したエンジニアと出会ったら、仲良くなっておこう。

<文/週刊SPA!編集部>

―[稼げる[ゆる副業](秘)リスト]―