渋野の来季は?(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 まずは1つ目だ。

新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

 全英女子オープンで日本人では42年ぶりとなるメジャー優勝した渋野日向子(20)が13日、Tポイント・ジャパンとスポンサー契約を締結したと発表。まさかの全英V後、初のスポンサーである。

 渋野の契約先は、クラブやボール、シューズ以外はみな国内企業だ。所属のRSK山陽放送にウエアはビームス。ウエアの袖にはミック工業(空調建築関連部品製造)とキャンディル(建築業)のロゴマークが入っている。そこにTポイントが新たに加わるわけだが、気になるのは今後のスポンサー選びだ。

 女子も国内のトッププロは必ず航空会社のJALかANAと契約してきた。近年では宮里藍と畑岡奈紗がJAL。横峯さくらは、松山英樹や石川遼と同じANAだった。渋野の契約も時間の問題だろう。

 ツアー関係者がいう。

「公言通り、来季以降も国内ツアーに専念するのか、考え直して米ツアーに向かうのかによって、契約内容や今後のスポンサー企業の規模も変わります。例えば、米ツアーでプレーした宮里には米国市場で売り上げを伸ばしていたHONDAがつき、06年に米ツアーに参戦した諸見里しのぶもBMWとスポンサー契約を結んだ。松山は14年からトヨタ自動車の高級ブランド『レクサス』の所属ですが、17年1月から5年間の契約を更新し、新たな契約金は総額10億円ともいわれている。レクサスは北米の高級車市場を狙ったブランドです。松山の活躍は販売に大きく貢献する。契約額は国内向け企業の比ではない。渋野は今週、古閑美保や有村智恵が所属するマネジメント会社に決まった。プロ担当というのは得てして大きな契約を決めたいもの。渋野の契約ラッシュをどうさばくかお手並み拝見です。一方で、マネジメント会社の意向や方針が来季以降の渋野の主戦場に影響するのか、そこにも注目ですね」

 渋野は来年、どこの国で笑顔を見せるか……。