直撃に戸惑いながらも友人たちの逮捕について、初めて語った

写真拡大

 コカインを使用したとして麻薬取締法違反の罪で、2日に起訴された俳優でミュージシャンのピエール瀧被告(51才)。その影響は芸能界に大きく広がり、映画やドラマ関係者の間では、タレントや俳優に関する薬物の捜査情報が、まことしやかに共有され始めているという。

【別写真】直撃時、戸惑いの表情を浮かべるリリー

 芸能人が芋づる式に逮捕される可能性が囁かれる中、“キーマン”として注目されている人物がいる。

「昨年4月に、薬物絡みで逮捕された40代の男性X氏です。彼は音楽関係の仕事をしていて、瀧被告とは古くからの親友だといわれています。X氏が捕まってから約1年後に瀧被告が逮捕されたことで、X氏の薬物ルートが瀧被告につながっていた可能性が指摘されています」(全国紙社会部記者)

 X氏と関係があったのは、瀧被告だけではない。逮捕当時のX氏は、リリー・フランキー(55才)の運転手だったというのだ。

 リリーといえば、イラストレーターやエッセイストなどマルチに活躍し、2005年に発表した自伝的小説『東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜』は200万部を超すベストセラーになった。

 俳優としても2009年に45才で初主演した映画『ぐるりのこと。』で、ブルーリボン賞の新人賞を受賞。福山雅治(50才)と共演した『そして父になる』(2013年公開)やカンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞した『万引き家族』(2018年公開)など、数多くの話題作に出演している。

 リリーは瀧被告とも20年来の飲み友達で、バラエティー番組や映画で共演するなど公私にわたって親交が深い。

「Xさんとリリーさんは古い仲というわけではなく、その頃、一時的に運転手を任せていたそうです。彼がクスリで逮捕されたと聞いて、リリーさんは呆然としていました。後日、リリーさんも、捜査員からXさんについて話を聞かれたそうです」(リリーの知人)

◆本人を直撃してみたら…

 当時、リリーの行きつけのバーでは、彼のこんな姿が頻繁に目撃されていた。

「深い時間になりお酒が進むと“Xが逮捕されちゃった…馬鹿だよ”って、ため息をよくついていました。XさんはクラブでDJなどもしていて、ミュージシャン仲間も多い。瀧さんの逮捕と関係があるのなら、さらに彼らの周辺が調べられる可能性だってあります。リリーさんの嘆きはしばらく止まらないかもしれません」(前出・知人)

 X氏に話を聞いたが、「ぼくの方からは何も言えません」と言葉少なに言うのみだった。

 運転手と友人の薬物逮捕。しかし、リリーはどちらの逮捕時も“公式コメント”は口にしていない。

 3月末、沈黙を続けるリリーを都内のライブ会場近くで直撃した。

──運転手のXさんがクスリで逮捕されていたようですが。

「確かにその当時、Xには運転を頼んだり荷物を運んでもらったりしていました。逮捕されて起訴されたと聞いていますが、それ以来会っていません。あくまで一時的に、お願いしていただけなので。もう仕事をお願いするに値しないですよ」

──リリーさんも警察に事情を聞かれた?

「(捜査員から)電話があって話しました。尿検査なんかは受けていませんよ。捜査員と話した時にいろいろ聞いたんだけど、おれに対しては疑いはなかったようですよ。Xと瀧との関係から、おれのことを怪しむ人もいるのかな…まぁ世の中もそう見ますよね…こういうことがあると」

──彼らに言いたいことは?

「瀧とXにはすごく迷惑しています。こうやって取材されることも含めて…信じていたから人間不信になりそうです」

 穏やかな口調ながら、困惑した表情でリリーは答えた。前出の知人が言う。

「リリーさんは間違いなくシロ。ただ、迷惑というのは彼なりの表現で、リリーさんは瀧さんの逮捕後、かなりショックを受けていました。面倒見がよいリリーさんのことですから、瀧さんやXさんを今後どう助けられるのか、考えていると思いますよ」

 瀧被告の一件は氷山の一角なのかもしれない。

※女性セブン2019年4月18日号