阪神タイガースと読売ジャイアンツが獲得を競い合ったのち、2000年のドラフト1位で阪神に入団した藤田太陽。大型ルーキーとして活躍が期待されるも、2002年に右肘の靭帯を損傷し、トミー・ジョン手術を経験。その後も相次ぐケガで思うような結果は残せず、西武、ヤクルトを渡り歩いて2013年に引退した。

 引退後は西麻布の焼肉屋で働いていることが話題となったが、今年から富山のクラブチーム、ロキテクノベースボールクラブで投手兼任コーチとして現役復帰。36歳にして再びユニフォームに袖を通す決断をした理由と、そこに至るまでの激動の人生について、本人に直撃した。

―― 3月21日に富山大との交流試合に先発して2回を2安打無失点。手ごたえはどうでしたか?

「一応140キロ近くは出ましたけど、投げてるっていうよりはキャッチボールの延長線上という感じでしたね」

―― やはり、トミー・ジョン手術の影響がある?

「けっこうありますね。右肘には水が溜まりますし、急に固まった状態になることもあります。今も靭帯が部分断裂していて、クラブチームで投げ出すようになってからは、また痛みも出てきました」

―― 手術をしたのは阪神に入団して3年目の年でしたが、痛みが出始めたのはいつ頃からですか?

「痛みは高校(秋田県立新屋高校)時代からありました。それでも注射を打ったりしながら投げていたんですが、社会人野球(川崎製鉄千葉)、プロと進むにつれて体が出来上がり、球速が上がるなかで、靭帯に限界がきてしまったんです。

 でも一番大きかったのは、プロに入ってすぐのキャンプで、ピッチングフォームを変えられたのに対応できなかったことですかね。投げ方のタイミングもバランスも全部変わってしまったので」

―― そのことに対して反発しなかったんですか?

「正直、『プロ野球ってこんな世界かよ』って思いました(笑)1年やってダメだったらしょうがないと思うんですけど、入団してまだ1週間でしたからね。納得はできなかったんですが、当時は上の者の意見が絶対っていうのがあったし、僕も子どもだったのでうまく意志を伝えることができませんでした。

 それもあって、手術をするときは『アメリカに行かせてくれ』ってワガママを通してもらったんです。やっぱり日本一の医者より世界一の医者に診てもらいたかったですから」

―― そのときの周囲の反応は?

「まだトミー・ジョン手術が日本で広く知られる前だったので、『なんでアメリカ行くんだ?』って言われました。僕自身、手術の内容については知らないことが多かったので、驚きの連続でしたね。

 日本では手術後に肘を固定する期間が長いんですが、アメリカでは2週間ぐらいでリハビリを始めるんですよ。肘に移植する靭帯を手首から取ることで、曲がったままになった指を伸ばすことから始まるんですけど、これが激痛なんです。口にタオルをくわえて抑えつけられながらやってました。当初はリモコンを押すのもひと苦労で、投球できるようになるまでかなり時間がかかりましたね」

―― そんな苦労を経てチームに戻った後も、阪神時代はなかなか出場機会に恵まれませんでした。

「2軍でどんなに好成績を残しても、当時の1軍にはJFKっていう盤石の投手陣がいましたからね。異常なくらい注射を打って、腕を下げるフォームにしたり興味持ってもらえるようにいろんなことやったんですけど、結果的には何も変えられませんでした。

 いろいろありましたけど、厳しさを教えてくれたのも阪神でしたから、活躍して恩返しがしたかった。でも、プロなら自分を必要としてくれるところで投げたいという思いが芽生え始めて、自らトレードの打診をしたんです」

―― 2009年の途中で西武にトレードし、リリーフとして活躍。2013年にヤクルトを引退することになるんですが、「まだやれる」という気持ちはなかったんですか?

「自分の理想とする投球にはほど遠かったですから。『また手術してもいいから来てほしい』というオファーもあったんですけど、お客さんからお金を頂いてパフォーマンスを見せるレベルではないと思って、引退を決意しました。

 自分で決めたものの、辞めて1、2ヵ月くらいはずっと布団の中にこもっていましたね。軽いうつ状態ですよ(笑)。小学校4年生からすべてを捧げてきた野球がいきなりなくなって、仕事もないし、『もう、どうしよう』ってなってました」

―― そこから解説者やコーチではなく、焼肉屋で働くことになったのはなぜですか?

「最初はちょっと野球を忘れたかったっていうのは正直なところあったんですよね。好きだからこそ忘れたいみたいな。ただ、自分が全然興味のない方向で働こうと思っても、結局は自分の中で妥協する面が出てきて、嫌なことしか頭に浮かばないだろうなと。

 だから、応援してくれたファンのためにスポーツバーを開こうと思ったんですよ。その準備として、仕入先とか、調理方法とか、接客もきっちりしてる西麻布の焼肉屋さんで全部を学ぼうと思ったんです。頼みこんで働きだしてからの1年間は、夕方5時から朝5時まで仕事して、終わってからもいろんな勉強をしていたのでほぼ寝てなかったですね」

―― 焼肉屋で働いていることで、心ない声が聞こえてきたりも......

「それはもうたくさん。野球辞めてから離れていった人も多いですし。逆に、横柄な態度だったお客さんが、僕が元プロ野球選手とわかった途端にパッて変わったりとか。『立場や名前で人の態度ってこんな変わるんだな、こうはなりたくないな』と思いましたね。

 でも、落ち込むことは一切ありせんでした。別にプロ野球を辞めたからといって人として落ちたとは思わないし、目標をしっかり持ってやっていたわけですから。そういう社会のことは、野球を辞めなければ気づかなかったでしょうね」

―― 野球界に復帰したきっかけは?

「あと一年修行してお店を出そうと候補の物件を決めかけていた頃に、ロキテクノさんから話がきたんです。そのとき、今の自分でも若い野球選手たちにプロを感じさせるくらいのパフォーマンスは見せられるんじゃないかと思い至って。2年間ほど投げなかったことで肘の状態もだいぶ戻ってきていましたし、体が動くうちにしかできないと。それで結局、お店を出すのはもうちょっと後にして、チームに加入することを決めました」

―― クラブチームとプロの一番の違いは?

「クラブチームは基本的にボランティア。今のチームも全員がロキテクノの社員じゃなく、遠くで仕事をする人や学生もいるので、全体練習ができるのは月に2、3回くらいです。富山にいるメンバーも、土日を含めて週3回集まるのが限度。試合があるときでさえ、クリーンナップがいないってこともありますから」

―― 試合をすること自体が困難な状態ですね。

「それを補うために選手の数を増やすのは大変なんですが、ありがたいことに企業側がとても協力的で徐々に人が増えてきています。サインプレーや細かい戦略はインターネットで密に連絡を取り合うなど選手たちの意識も高くなってきている。今までは、全国大会に出れないのは誰のせいとか、人数がいないからとか、ちょっと負け癖がついてたのが、少しずつ変わってきたように感じます」

―― コーチとしてのこれからの目標は?

「やはりプロにいた経験を買われているわけですから、それをどんどんほかの選手たちに伝えていきたいです。僕がバッティングピッチャーになって、実戦みたいな感じで全員に打たせるというのもいい練習になると思います。辞めて2年経ってるからそこまでプロのレベルには戻すのは難しいですけど、スピン量であったりキレだったり、少しでもプロに近い球を経験してほしい。何年か先、僕の指導を受けた選手の中からプロ野球選手が生まれてくれたら嬉しいですね」

―― 5月13日からは富山で都市対抗野球の予選が始まりますね。

「なんとか予選を勝ち抜いて全国に行きたいですね。一段上の緊張感や、そこで勝つ喜びをみんなに味わってほしいです。最高の形でいけば今年、長く見ても3年以内には実現させたいので、その足がかりにできたらと。若い子が投げて頑張ってくれるのが一番いいんですけど、必要となったら僕も投げますよ」

和田哲也●文 text by Wada Tetsuya