新型コロナの影響で日常がガラリと変わった。葬儀の場も例外ではなく、今までの慣習が“非常識”と言われてしまいかねない大きな変化が起きている。遺族、親族、関係者……それぞれの立場で生じる、「新時代の葬儀」への疑問を解説していこう。【写真】ラミネートした純空住職のPCR検査結果のアップ。コロナ注意書きと共に、法衣姿の純空住職が持つ列席者は5〜6人入り口にはアルコール消毒液のポンプが置かれ、マスク姿の参列