月曜日の朝8時頃、「パンッ」という乾いた音が、東京・八王子の住宅街の一角に静かに響いた。十数分後、けたたましいサイレンとともに救急車や警察車両が現場に到着し、週の始めの早朝の住宅街は、またたく間に物々しい雰囲気に包まれた。

【写真】多数の拳銃が売られている「ダークウェブ」のサイトを発見!

「一軒家の2階の自室で、頭から血を流す高校1年生のTさん(15才)が発見されました。事件性はなし。警察はすぐに自殺と判断しました。自ら左のこめかみに拳銃の銃口をあて、引き金を引いたようです。銃弾はTさんの頭部を左から右に貫いていました」(全国紙社会部記者)

 Tさんは母親と姉との3人暮らし。外務省に勤める公務員だったという父親は2年ほど前に病気で他界したという。

「Tくんは中学生の頃から引きこもりがちで、この春に進学した私立高校も、週に3日だけ登校すればいいという通信制コースでした。お母さんが熱心に勉強や生活をサポートしていましたが、Tくんが5月に腹痛を訴えて病院に行くと、難病の『潰瘍性大腸炎』だと診断された。悩んでいたのかもしれませんね」(Tさんを知る関係者)

 何より世間を驚かせたのが、普通の高校生だったTさんが拳銃を所有していたということだろう。

「倒れていたTさんのすぐ脇に落ちていたのは、回転式拳銃一丁。いわゆるリボルバーです。アメリカの銃器大手『スミス&ウェッソン』社製で、銃身が銀色のタイプ。弾倉には数発が装填されたまま残っていました」(捜査関係者)

 日本で銃器犯罪が起きた場合、まず疑われる入手ルートは暴力団関係者が関わる「銃器マーケット」だ。海外マフィアなどから日本の暴力団関係者が入手し、裏マーケットで人知れず流通・売買が行われているという。過去に銃器の売買に関わったことがあるという暴力団関係者によると、「最近の拳銃の相場は1丁で50万〜70万円」だという。

 前出の捜査関係者が続ける。

「すぐにTさんの家族や周辺に暴力団関係者がいるかどうか捜査しましたが、まったく浮かび上がってこなかった。Tさんが日本の闇マーケットから入手した可能性はほぼゼロだと判断できます。となると、残された可能性は、『ダークウェブ』と呼ばれる闇サイト経由で入手したとしか考えられません。
 
現在、警察はTさんのパソコンなどから入手ルートを洗っていますが、ダークウェブを通じて手に入れたとなると、入手先を特定するのはかなり困難だと言えるでしょう」

 ダークウェブとは、普段私たちが利用しているインターネットとは違い、高度に暗号化された匿名性の高いネット空間のことだ。グーグルやヤフーなどの検索エンジンでは見つけることはできず、特殊なツールを使って初めて辿り着くことができる。

 ダークウェブに詳しい専門家が話す。

「ダークウェブ上にも、通常のウェブ上のフリマサイトのような『マーケットプレイス』が存在します。規模が大きく名前が知られているもので、20〜30ほどあるでしょう。

 そこでは携帯電話番号やクレジットカードの暗証番号などの個人情報のリストや、覚せい剤などの違法薬物、拳銃などの銃器が平然と売買されています。アクセスしている人の情報は暗号化されているので、特定される心配がなく、犯罪集団による違法売買がまかり通っているんです」

 専門家のガイドによってダークウェブ上のマーケットプレイスをのぞいてみると、すぐにTさんが使用したスミス&ウェッソン社製のリボルバー拳銃も見つかった。

「出品者とのやり取りは、普通のフリマサイトと同じです。欲しい商品があれば、マーケットプレイスのメッセンジャーでやり取りをして、品質をチェックしたり、価格の交渉などをします。出品者の素性は知れないですが、過去の出品に対する評価が★などで表示されているので、それで信頼ができる出品者なのかは判断ができます。

 ためしにアメリカから出品されている外国発送用の拳銃を見てみると、10万円ほどと安いものから100万円を超えるものもあってピンキリです」(前出・ダークウェブに詳しい専門家)

 ちなみに、ダークウェブ上での決済には、個人情報が漏れるクレジットカードはもちろん使えない。仮想通貨を使うことがほとんどで、「最近は有名な『ビットコイン』だと足がつくので、匿名性の高い仮想通貨『モネロ』を使うことがほとんど」(前出・ダークウェブに詳しい専門家)だという。

「Tさんの場合も、ダークウェブで注文し、モネロで決済して、アメリカからの国際郵便でリボルバーと実弾を手に入れたのでしょう」(前出・ダークウェブに詳しい専門家)

 いまやインターネットの知識と10万円ほどのお金があれば、普通の高校生でも簡単に拳銃を入手できてしまう時代なのだ。ダークウェブ上を探していくと、拳銃どころか、マシンガンやロケットランチャーといった物騒なものまで流通している。

「Tさんは中学校時代に不登校だったときは、パソコンでFPS(ファーストパーソン・シューティング)と呼ばれるガンシューティングゲームに熱中していました。また、学校には行かなくても、家の近所にある英会話教室には熱心に通っていた」(前出・Tさんを知る関係者)

 銃に親近感があり、ダークウェブ上での英語でのコミュニケーションもできれば、本物の銃を入手することなど、たわいもないことだったのかもしれない。Tさんの拳銃自殺の背景には、底知れない“闇”が広がっている。