元セクシー女優で現在はフリーライターの「たかなし亜妖」

写真拡大

 元セクシー女優でフリーライターの「たかなし亜妖」がお届けする連載コラム。2016年に「ほかにやることがなかったから」という理由でセクシー女優デビュー。女優生活2年半が経過したところで引退を決意し、現在は同人作品やセクシービデオの脚本など、あらゆる方面で活躍中。
◆売れっ子女優に共通している特徴とは

 セクシー女優たちが専門コンテンツ外への進出を果たしてから早数年。偏見が減り、男女ともに人気を博す人物が多数現れた。

 だが、相変わらず業界は謎のベールに包まれたまま。女優という存在も「キレイで可愛い」は周知の事実だが、内面の部分について深く知る者は業界外にいないのではないか。

 そこで今回はセクシー女優の実態について明かしていこう。主に内面的な部分にフォーカスするが、売れっ子や長く続けられる人には以下の共通点がある。

◆,箸砲く芯が強い

 セクシー女優はとにかく芯が強い。強さがなければデビューの勇気が出ないほか、年単位で仕事が続かない。ぶれない“芯”を持っていることが女優人生を延命させる秘訣である。

 たとえ性格が暴れん坊だろうが、部屋の片隅で体育座りをしているタイプだろうが、芯の強さ、そして意思の堅さは売れっ子女優に共通する部分。芯がブレブレで筋を通せない女優はすぐに引退するか、売れない事実に心を痛めてチャンスを逃す。業界は競争の連続で常に数字が重要だからこそ、周囲に振り回されない強さが必要不可欠なのだ。

◆⊆己主張がハッキリしている

 芯が強く意思が堅ければ、当然自分の意見を持っているだろう。自己主張ができるタイプが圧倒的に多く、かなり分かりやすくぶつけてくる例はよくあること。

 また「わたしが!!」と主張が強めで周囲を混乱させる“困ったちゃん”もそこそこいるとか、いないとか。どう考えても一般社会では有り得ないだろうし、出る杭は打たれるため、自己主張を敢えて控える社会人も多いだろう。しかし人気商売は違い、どんどん前へ出なければ印象に残らないただのモブキャラになってしまう。

 そのため「自己主張激しめ」くらいがちょうどよくもあり、結果的に長く続くのだ。

◆なぜかお金に忙しい

 内面的な部分とはちょっと異なる項目だが……。稼いでいるはずなのに常に金欠な女優はいつの時代も絶えず存在する。

 ホストに狂っているかヒモ彼氏に貢いでいるか、アイドルやバンドの追っかけ中なら使い道が明確なのでまぁいい。問題は“何に使っているかわからないのにカネがない”女優たちだ。

 たぶん高い給料をもらっているうちに衣食住などで贅沢をし、財布が極寒になっているのだろう。お金をばら撒く最中はそのことに気づかず、カードの請求や家賃の引き落とし日がやってきてハッと目を覚ます……を毎月繰り返すパターン。お金に忙しい女優は多く、“何に使っているか分からない組”は全体的に見て2〜3割くらいはいるだろう。

◆ぜ造呂發里垢瓦おとなしい陰キャ

 アニメ大好き! 引きこもり大好き! 友達は少数派でいい! というセクシー女優は、とにかく陰キャが多い。繁華街に出向いて毎日のように飲酒祭りを繰り広げるタイプもいるが、最近の人たちは結構おとなしい。

 元から口数が少なく学生時代からひっそりと生きてきたタイプもいて、人前に出るときだけ女優スイッチをオン。あとはのんびりまったりと、自分らしく暮らしている。一般人は「セクシー業界に入るくらいだからどうせ破天荒なのだろう」と思うかもしれないが、残念ながらそれは昔の概念でしかない。

◆ツ鏡笋姫様人間

 こんなことを書いたら怒られるかもしれないが、根っからの姫様気質な女優も……。ちやほやされるのが大好き、常に誰かに持ち上げられたいなど、自己啓示欲が強いといえようか。だいたいこの手のタイプは仕事に前のめりな姿勢が良い方にも悪い方にも働きがちだ。